IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ヤマハL3スイッチ検証コラム!「SWX3200シリーズで実装されたスタック機能を詳細解説!」

»

私が編集支援している津村彰氏の「ヤマハで社内LANを構築・運用してみよう!」第21回がSCSKで公開されました。

「SWX3200シリーズで実装されたスタック機能を詳細解説!」

待望のヤマハL3スイッチコラムです!興味がある方はどうぞ!
###

先日2月9日に、ヤマハより新製品「X18」こと「スタンダードL3スイッチ SWX3200」、「ライトL3スイッチ SWX3100」、の製品発表があり、3月23日より、ついに出荷開始されました。

これにより、従来ヤマハ製品でカバー出来ていなかった「L3スイッチ」の領域と、今後大容量のトラフィックを扱うのに必須な「10GBase Ethernet」を同時に手に入れる事が出来るようになりました。

今回は、前回に引き続き、上位機種であるSWX3200シリーズで実装された「スタック機能」についてご紹介したいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/1146

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する