IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

VMware 海外動向 > 最新版のお知らせとvCloud Directorとの統合によるクラウドプロバイダーへの大きなメリットについて

»

私が編集支援しているコラム「VMware 海外動向 > 第28回 vRealize Operations - 最新版のお知らせとvCloud Directorとの統合によるクラウドプロバイダーへの大きなメリットについて 」がCTC教育サービスで公開されました。

興味がある方はご覧ください!

###
VMware技術の統一スタックであるVMware VMware Cloud Provider PlatformにはVMware vSphere、vSAN、NSX、vCloud Director、Usage Meterがあり、これによりクラウドプロバイダーは効率を高め、差別化された付加価値サービスを提供し、収益を上げ、スケーラブルなクラウド環境を最小限のリスクで構築できるようになります。

VMwareはCloud Provider Platformへの投資を続けており、その投資にはクラウドプロバイダーと彼らの顧客にとってさらに大きなメリットとなるソリューションの統合も含まれています。このプラットフォームの核心は、簡単なセルフサービスのマルチテナントサービスのサポートです。これはクラウドプロバイダーのコストを削減するだけでなく、収益が発生するまでの時間も短縮します。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda28.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する