IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

月刊S-Port007号「超」都心型データセンターを開設~高密度ブレードサーバ対応の耐荷重1平方メートルあたり1トンを実現~を公開しました。

»

私が執筆支援している鈴与シンワートのメルマガ「月刊S-Port」007号「超」都心型データセンターを開設~高密度ブレードサーバ対応の耐荷重1平方メートルあたり1トンを実現~が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
この度、弊社7拠点目となるデータセンター、「超」都心型データセンター「S-Port東京第二センター」を立ち上げました。

本データセンターの特徴は以下です。

特長1:「超」都心型データセンター。都内ターミナル駅から徒歩2分の利便性
特長2:高密度ブレード型サーバに対応可能な設備。耐荷重は1平方メートルあたり1トン
特長3:2つの変電所から別々の受電系統を確保
特長4:水害、地震などの自然災害や隣接ビルとの距離などを考慮した極めて安全な立地条件大手町、丸の内などの都心部も徒歩圏内

本発表は大変注目を集め、Yahoo!ニュース、クラウドWatch、インプレスIT Leaders、週刊BCN、CNET、ZDnet、朝日新聞デジタル版など20以上の紙媒体、インターネット媒体に掲載いただきました。

メルマガ本文は以下をご覧ください。
https://japan.cnet.com/release/30240646/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する