IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「ワークスタイルの変革とAIと業務システムの高速化」

»

AIとIoTによりますます高速化が業務システムにおいても必要になり、その為にKUSANAGIが有効であるという私のコラムがKUSANAGIパートナーのディーアイエスソリューションで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

本日の日経新聞にAIとIoTの普及に備え、IT人材の争奪戦が激化すると一面に大きく掲載されていました。

AIはインターネットの波に続く、大きなITの波であることはほぼ間違いないです。数年前から流通データ量は飛躍的に伸びる中、数年後、過去を振り返って「流通データ量は当時から飛躍的に伸びていたが、その伸びのボトルネックは人間だった」と発言しそうです。

発信元の主流は人間なので、この程度で収まっているということです。特に最近顕著にデータ流通量が伸びているのは監視カメラとも言われています。カメラが自動的に撮影して送信しているデータ量が増えているということなのですが、今後はIoTによるデータ流通量が増えます。そして、ほぼ同じ時期にRPAによるロボット処理による業務システムの迅速化になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/04/05/web%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e5%8d%83%e9%87%8c%e7%9c%bc%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e7%ac%ac12%e5%9b%9e%e3%80%8c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する