IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

安井智志氏のコラム第8回~「EMS」って具体的に何ができるの?最新EMSが提供する機能と使い方のポイント~

»

私が編集支援している人気コンシェルジュ 安井智志氏が解説するMicrosoftクラウドコラム第8回がディーアイエスソリューションで公開されました。

「EMSって具体的に何ができるの?最新EMSが提供する機能と使い方のポイント」

今回はIntune(デバイス管理)について、これまでのMDMとの違いも踏まえて話を進めていきます。

興味がある方は以下をご覧ください。

###

前回はEMSのAzureAD Premiumを利用したアクセスセキュリティについてお話しました。今回は同じくEMSに含まれるIntune(デバイス管理)について、これまでのMDMとの違いも踏まえて話を進めていきます。

◆ところで、デバイス管理とは何か?
 一般的にMDM(モバイルデバイス管理)と言うと、モバイルデバイス(iOSやAndroidなど)を対象とした管理ツールというイメージかと思います。主な導入目的として、リモートワイプ(遠隔データ消去)や複雑なパスコードの強制など、紛失時対策が中心になっています。昨今、ほとんどのお客様はスマートフォンやタブレットの導入時に、サードパーティ製のMDM製品もしくは通信キャリアが提供するMDMサービスを付けられているようですが、基本的にはこの目的の範囲で導入されることが多いようです。ここでは、これらのMDMとIntuneのMDMの違いについてみていきたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/03/15/%e5%ae%89%e4%ba%95%e6%99%ba%e5%bf%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e7%ac%ac8%e5%9b%9e%e3%80%8cems%e3%80%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%85%b7%e4%bd%93%e7%9a%84%e3%81%ab%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%a7-2/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する