IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

【レポート】ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナー2017【東京】

»

IMG_6236.JPG

私が執筆したコラムがSCSKヤマハWebサイトに掲載されました。

興味がある方はご覧ください。

###
今回のイベントのハイライトは以下である。

・ヤマハ初のL3スイッチ市場投入
・同スペース同設定で超高速化を実現した後継機種RTX830の登場
・進化するYNO

以下では順に解説していくことにする。

※ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナー2017【東京】の模様

◆二強と言われるルーター市場。ヤマハの次の戦略とは

国内ルーターシェアは完全に2強の時代となりハイエンドに強いシスコとミドルとSOHOに強いヤマハというシェア構成が長期間続いており、ここ数年は2社のシェアが伸び、他社のシェアが落ちている状況だ。 IDC Japanの調査によるとSOHO市場において13年連続でヤマハルーターがトップシェアであるとのこと。SOHO市場は非常に大きく、総務省統計によると、現在日本国内には民間570万事業所あり、その中で20人以下のSOHO事業所の数は500万事業所を超えるとのこと。今回はこの膨大な市場の中で市場をけん引するヤマハの次の戦略を聞くことができた。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/734

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する