IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

理化学研究所/計算科学研究機構が国内最大級の65PB(ペタバイト/物理容量)の次世代超大容量HPC共用ストレージを採用

»

先日、弊社のお客様であるコアマイクロシステムズが表記の納品をいたしました。

コアマイクロシステムズは汎用ストレージから特殊ストレージまでを開発するストレージワークスカンパニーです。 理研に65ペタバイトってすごいですよね。

興味がある方は以下をご覧ください!

###
理化学研究所/計算科学研究機構が国内最大級の65PB(ペタバイト/物理容量)の次世代超大容量HPC共用ストレージ「HyperSTOR Flex」を採用

コアマイクロシステムズは、理化学研究所/計算科学研究機構が国内最大級の65PB(ペタバイト/物理容量)のHPC共用ストレージ「HyperSTOR Flex」を採用し、安定稼働が開始されたことを発表しました。

近年、従来の科学技術研究に加えIoT/AI関連の研究が盛んになっています。そのため新規HPCの導入が加速しています。国内研究機関/大学におけるHPC導入において、HPC高速化と効率化のためにHPCストレージの高速化と大容量化が急速に進んでいます。これら国内学術HPCインフラ(HPCI)の効率利用のために統合された超大容量な高速広域HPCストレージ(HPCI共用ストレージ/Gfarmファイルシステム)の重要性が非常に高まっています。

(記事の詳細は以下をご覧ください)
https://japan.cnet.com/release/30224855/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する