IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

別荘越冬物語)冬、水道の元栓を閉めずに水道管破裂を防ぐ方法 その2(最終回)

»

さて、前回の続きです。

氷点下になる場所の別荘地では水道管凍結による、水道管破裂の可能性があるとのことで、凍結防止のために水道の元栓を止めて蛇口を全て開くか、それなりの設備にするかの選択になります。

私の別荘は夏だけ使う人が作った別荘なので、冬は使わない前提になっていました。

そこで現状では、水道の元栓を止めて蛇口を全て開くしかありません。

ただ、別荘に行く時間が深夜だったりすることが多いので、到着早々、暗闇の別荘の外の水道栓を開きに行きたくはないということで、いろいろ考えました。

結局、積和建設北関東株式会社さんに依頼して、屋外と床下の配管を全て保温していただき、寒くなったらヒーターが付くようにしていただています。

名称未設定-4.gif

これで、家の外は安心!!ということなのですが、お話はこれで終わりませんでした。

屋内も氷点下になるというので、部屋を不在時など温めておくためのオイルヒーターを入れよう

いうことになり、実際に運転が始まっています。で、在宅中はエアコン+オイルヒーターにしておいたら、月の電気がこのペースだと月3万円に!!

25298969_1755750264435028_1609480823760996655_n.jpg

ということで、エアコンとオイルヒーターの併用はやめようということになりました。

毎月3万円はやっぱり痛いです。

いろいろ調べてみると、エアコンの自動運転で20度くらいの設定が一番電気代が安いので、日中はエアコンのみで、夜間は凍結防止用にオイルヒーターで氷点下にならないようにするのが良いと考えました。

オイルヒーターは乾燥しにくいので、寝室にも1台設置し、寝室のエアコンは使わずに、加湿器もたこうと思いました。これで風邪対策もOKです。

これでひと段落しそうかな。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する