IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

VMware 海外動向 > 第21回 プライベート・クラウドとパブリック・クラウドの費用比較~451 Researchの驚くべき調査結果~

»

CTC教育サービスは私が編集支援しているコラム「VMware 海外動向」の第21回「プライベート・クラウドとパブリック・クラウドの費用比較~451 Researchの驚くべき調査結果~ 」を公開しました。

仮想化の雄であるVMwareは基盤として必須になっています。海外動向もチェックされたい方は是非!

###

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

451 Researchが行ったプライベート・クラウドとパブリック・クラウドの費用に関する調査にて、驚くべき発見がありました。この最新調査によると、様々な組織でIT関連の決定権を持つ人々のうちの41%は、プライベート・クラウドの実装はパブリック・クラウド(のようなもの)の実装よりも安価であると感じているようなのです。別の24%の人々は、同レベルのパブリック・クラウドに比べてプライベート・クラウドにかかる追加費用は10%にも満たないと回答しました。もう一方の調査 では、パブリック・クラウドを使用した場合と、費用の観点から同レベルであるプライベート・クラウドのTCO(総保有コスト)を達成した5つの企業の話が得られました。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda21.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する