IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

古庄道明 親方の新連載「PHPでRASIS四方山話」第一回「PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか」

»

古庄道明 親方の新連載「PHPでRASIS四方山話」が鈴与シンワートでスタートしました。

「PHPという言語は、Webアプリケーションを組む上で安全なのか危険なのか」

興味がある方はご覧ください。

###
このたび、こちらで「PHPでRASIS四方山話」を書かせていただく事になりました。古庄、と申します。よろしくお願いいたします。
「PHPでRASIS四方山話」では、PHPを「業務で扱うシステム構築言語」として考える上での、発注から受注、設計から作成運用まで、様々な観点の四方山話をしていきたいと思っております。

PHPといえば「Webアプリケーション」で使われる事が多い言語かと思いますが。
Webアプリケーションと言いますと、昨今「セキュリティ」のお話が、兎角賑やかに、かつ定期的に、色々なお話が勃発する領域でもあります。
本稿では、まず「PHPでWebアプリケーションを組む」事を、セキュリティの観点から少し考えてみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/php01/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する