IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「今更ですがRails4→Rails5へとりあえず移行する際のコードや操作の違いについて」

»

私が編集支援しているRuby教育の重鎮 中越智哉氏のコラムがRuby開発に強いトランスネットで公開されました。

「今更ですがRails4→Rails5へとりあえず移行する際のコードや操作の違いについて」

興味がある方はどうぞ!
###
みなさん、こんにちは。突然ですが、気が付けばRails5がリリースされてからそろそろ1年になろうとしています。

思い起こせば、Railsバージョン1.xや2.xのときには、とにかくフレームワーク自体のバージョンアップが早く、しかもバージョン番号的にはマイナーバージョンアップでも、内容的にはかなりの変化を含んだアップデートだったりすることもしばしばあったように記憶しています。最近のモバイル系OSが年に1回メジャーバージョンアップするものの、言うほどメジャーアップかな?というようなアップデートしか含まないことも間々あるような気がしておりますが(あくまで筆者の感想です)、当時のRailsのバージョンアップはその真逆といった感じでしたね。

そんなRailsも近頃は、Rails3のリリースが2010年、Rails4のリリースが2013年、Rails5のリリースが2016年と、だいぶメジャーアップのペースも緩やかになってきましたので、実はまだRails4ベースで開発・メンテナンス(もしくは学習)していますという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/09/26/rails4_rails5_colnk/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する