IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

国内UX第一人者 黒須正明先生による連載コラム第三回「客観的品質特性と主観的品質特性」

»

私がプライム・ストラテジーで編集支援している、国内UX第一人者 黒須正明先生による連載コラム第三回「客観的品質特性と主観的品質特性」が公開されました。

このコラムはWeb担当者視点で書いていただいています。

興味がある方はご覧ください。

###

[客観的品質特性と主観的品質特性]
 今回は、前回お示しした図を参照してください。その図では、上半分に客観的品質特性が、下半分に主観的品質特性が割り付けられています。
 客観的品質特性というのは、従来、品質管理で評価指標となっていた特性で、前回もご紹介したように、設計時の品質と利用時の品質に区別されます。まず設計時の品質、つまり客観的設計時品質としては、ユーザビリティ、機能性、性能、信頼性、安全性、互換性、費用、維持性などが含まれています。また利用時の品質、つまり客観的利用時品質には、有効さや効率、生産性、ユーザ特性への適合性、利用状況への適合性、リスク回避性などが含まれています。
 その特徴は、いずれの特性も客観的に測定できるということ、つまり外部から観測することができるということです。たとえば機能性は、そのサイトにはどのような機能があり、どのようなことができるかということですし、性能は、画面の再表示にどのくらいの時間がかかるかということだったり、ユーザが情報を入力してからどのくらいの時間で応答が返ってくるかということだったりします。
 主観的品質特性というのは、客観的品質特性とは異なって、人間の内側で起きる心の動き、あるいは感性の動きであり、主観的に経験される品質特性のことです。ただ、外部的に表現しなければマネージャなどの関係者が確認することができないので、心理学や感性工学で使われている評定尺度という手法や、人間工学などで使われている生理学的な計測手法によって、間接的ではありますが測定が行われているものです。ここで重要なことは、人間の判断、そこにはUX評価も含まれるのですが、それに最終的に影響するのは主観的品質特性だ、ということです。
(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1267

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する