IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

サーバOSシェア大逆転。Linuxサーバが市場の70%のシェアをとる

»

私のコラムがNECマネジメントパートナーに掲載されました。

「国内サーバOSシェアに異変!Linuxサーバ急拡大」

市場データによると、昔、Windowsに負け続けていたLinuxが今はクラウドの波に乗りOSシェアで70%以上取っているというデータを解説しています。

興味がある方はご覧ください。

###
最近、サーバOSシェアがとんとニュースにならなくなった。
メディアなどのニュースでもサーバOSのシェアの話はほとんど見かけなくなった。なぜだろうか?多くの人は「もうニュースにする価値がなくなったからだ」と思うであろう。

ただ、私は違う理由があるように思えてならない。
以前はクラウドや仮想基盤があまり普及していなかったため、サーバOSのシェアはサーバ機の出荷台数でおおよそ割り出せた。サーバ機にインストールされているOSでおおよその数字が把握できた最後の時期のシェアは、Windows 45%、Unix 30%、Linux 20%、その他 5%、といった感じだったと思う。おそらくほとんどの人は、今もそのように思っているのではないだろうか。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.neclearning.jp/column/201709009.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する