IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「好きなことだけやっていく人生」を実現できるチャンスが皆さんに訪れる時代が来るかも

»

正直に言って、「好きなことだけやっていく人生」を実現しようと思えば、起業して成功するしかないと思っています。

いや、大金持ちの玉の輿、もしくは逆玉の輿になって、お金に困らない人生ができれば、実現するかもしれませんね。

お金持ちとの婚姻の話は置いておいて、起業して成功する話に戻します。

サラリーマンで好きなことだけやっていく人生はほぼ不可能だと思います。

もし実現できてる人がいれば、その人は能力的にも環境的にも非常に恵まれた方だと思っています。

「好きなことだけやっていく人生」を実現しようと思えば、仕事を選べなければいけません。

これが実現できる人生は「独立起業」で「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」ができていないと難しいと思うのです。

「独立起業」で「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」!

結構ハードルが高いですよね。

でも、定年でサラリーマンを全うする方々は60歳を超えた時に、子供も成人し、家のローンも終わっている方も多いのではないでしょうか?

今、50歳で10年後に定年を迎える方は、10年の準備ができます。この状態であれば、「好きなことだけやっていく人生」を実現しやすいような気がします。(大変ですけど)

そこで「独立起業」で「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」を実現する重要なことを話します。

今、いろいろ定年を迎える方から話を聞くことがあるのですが、「好きなことだけやっていく人生」を「独立起業」で「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」で実現するために重要な考え方をお伝えします。

「大きな規模でやらないほうがいいです」

大きな規模で成功することもあるかもしれませんが、体力的に衰えていく状況で、定年後に肩書と権力を失う人の大きな企画に助力する人はほぼいません。いい企画があれば若いこれからの社長に投資します。

「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」の二つに「セルフ」の言葉がある通り、自分でできる範囲で成功することを指しています。

自分でできる範囲であるからこそ、外部へ支出するコストが減り、黒字化しやすいのです。

「自分はXXX社で部長をやった男だから、今更 現場の手作業はできんよ」という方は、サラリーマン時代はすごかったのかもしれませんが、サラリーマン卒業後にその考えが通用するかよく考えたほうがいいです。

体力的に衰えていく状況で、定年後に肩書と権力を失う人の大きな企画に助力する人はほぼいません。いい企画があれば若いこれからの社長に投資します。(2回書きました)

そして経験上、良い企画は他の誰かも考えています。人が実現できる企画は、他の優秀な人が実現でき、誰かが考えています。

60歳で定年を迎え、年金受給までの間を稼ぐ方法を、夫婦で考え、夫婦でできる「独立起業」で「セルフブランディング」と「セルフ・エコシステム」を実現する方法を考えてみるのが良いと思います。

老人の消費者は若い人のサービスを使うより老人のサービスを使いたがる傾向があると思いますので、ヒントはそこにあると思います。

老人が運営する老人の市場がよさそうだと思います。私も準備を始めています。お互いに頑張りましょう!

※私にいろいろな企画を持ってこられる方がいますが、私は私の企画で手いっぱいなので、中身を読みませんし、返信もしません。(大概、企画はその方で、労働は私が作業するみたいな企画で儲かった分の折版みたいなwww あと顔が広いから良い人紹介してみたいな、、、私は暇に見えるのでしょうかww )私が話を聞くのは月額20万円~の吉政創成の法人顧客候補だけです。しかも吉政創成はお客様をかなり選びます。私は私なりに必死なのです。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)