IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第19回 機械学習によるデータセンターのエネルギー効率予測

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第19回 機械学習によるデータセンターのエネルギー効率予測」が公開されました。

今回はGoogleエバンジェリストの中井悦司さんのコラムです!

AIきましたね!興味がある方は最新動向をチェックください!

###

はじめに
 今回は、データセンターのエネルギー効率を機械学習で予測するという事例を紹介します。これは、2014年に公開された論文「Machine Learning Applications for Data Center Optimization」で解説されているもので、ニューラルネットワークを用いて、サーバーの稼働率や冷却水の温度設定によるエネルギー効率の変化を予測するというものになります。

Googleのデータセンターにおけるエネルギー効率
 データセンターのエネルギー効率は、一般に、PUE(Power Usage Effectiveness)という指標で計測されます。これは、「データセンター全体の消費電力 ÷ IT機器による消費電力」という計算式で表されるもので、データセンターで消費される電力がすべてIT機器によるものであれば、1.0になります。ただし、冷却設備など、IT機器以外で消費される電力もあるため、実際には1.0よりも大きくなります。PUEを出来る限り小さくして、1.0に近づけることがデータセンターのエネルギー効率改善の目標ということになります。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai219.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する