IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

津村彰氏によるヤマハコラム「第11回 Luaスクリプトで運用を簡略化しよう! - その1 Luaスクリプト入門」

»

私がSCSKで編集支援している津村彰氏によるヤマハコラム「第11回 Luaスクリプトで運用を簡略化しよう! - その1 Luaスクリプト入門」が公開されました。

今回はLuaです!興味がある方はお読みください。

###
昨今のIoTブームで、最初に作る「Lチカ」という言葉も一時期流行りました。
これは、LEDをチカチカさせる回路およびプログラミングであり、実際、Raspberry PiのGPIO端子などを用いて、ブレッドボード上にカンタンな回路を作ってLEDを点滅させるなどし、いわゆるプログラミングで言うところの「Hello World.」を行った経験のある方もいらっしゃるかも知れません。

昨今のヤマハ ルーターでは、Luaというスクリプト言語を用いてスクリプトをプログラミングし、ルーター実機上で実行する事ができます。Luaそのものは言語としてとてもシンプルであり、併せてRTシリーズで必要な機能は拡張されている為、最小限テキストエディタとUSBメモリのみですぐにプログラミングを始める事ができます。

今回は3回に分け、最終的にヤマハ ルーターからヤマハ スイッチ(SWX2200シリーズ)をスクリプトによりコントロールする事を目標に、Luaスクリプト実行機能を掘り下げてみたいと思います。

1回目の今回は、ヤマハ ルーター実機で実際にルーターのSTATUSランプを点滅させるLuaスクリプトを実行してみましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.scsk.jp/product/common/yamaha/special/column_11.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する