IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

今日からインターロップ!見所) インターロップはヤマハの新製品を見に行こう!!!

»

「INTEROP TOKYO 2017」ヤマハブースのご紹介!

新製品の参考出品を見に行こう!

いよいよ2017年6月7日(水)~ 9日(金)に、千葉県 幕張メッセにて開催される 「INTEROP TOKYO 2017」 において、ヤマハさんが出展されます。展示ブースは、以下の2箇所です。

ネットワーク新製品+管理負担軽減ソリューションはホール6 小間番号6G07へ
ネットワーク新製品+セキュリティソリューションはホール5 小間番号5H21へ

ご案内図は以下をご覧ください。
https://www.scsk.jp/event/2017/20170607i.html

私も会場にカメラ持って訪問する予定です!!会場で会えると嬉しいです。

ちなみに、今回の見どころをヤマハの国内総代理店を務めるSCSK 奈良部さまにインタビューしました。興味がある方は以下もご覧ください。

###

2017年のInterop Tokyo ヤマハ SCSKブースでは「見える。」「つなぐ。」「聞こえる。」のコーナーに分けて、ネットワークにまつわる困りごとへの解決方法の一端を、ヤマハネットワーク製品や機能の活用を通じてご紹介いたします。

「見える。」コーナーではヤマハの進める見える化の中核をなすLANマップ、及びクラウドベースのネットワーク統合管理サービスYNOの新機能をご紹介します。この機能は複数拠点をVPNで接続され、本部にのみIT管理者が常駐しているお客様に、拠点のLANの状態を見る、拠点のヤマハネットワーク製品の設定を行うことを可能にします。情報システム部が拠点のLANまで管理する、そんなお客様にその利便性を実感いただけるものと信じております。

「つなぐ。」コーナーでも、複数拠点間でVPN接続されているお客様、とりわけ、流通小売業や、飲食店のチェーン展開をされているお客様に向けてのご紹介として、新店、すなわち新たなVPN拠点を増やす作業の負担を軽減する機能についてデモを交えてご紹介します。

また、近年ヤマハが注力しているLAN製品、なかでも、スイッチについて参考出品を交えてご紹介します。 LANにつながる機器が増え、利用者が増えることで、継ぎ足しに継ぎ足しをかさねて拡大していくLAN環境の整理と運用性を取り戻すその解の一つとして、参考出品のL3スイッチとインテリジェントL2スイッチをご紹介します。

そして「聞こえる。」コーナーでは、今もなお利用されるお客様が多い、ヤマハのVoIPルーターの活用、及びそれに欠かせない新製品のご紹介を致します。ヤマハのVoIPルーターはTELポートを備え手近なアナログ電話で内線VoIPを構築できます。しかしながら、拠点数や電話数が増えるにつれ、内線番号の設定管理が複雑化します。これを解決する電話帳サーバーが新たに発売されますので、活用デモを構築してご紹介いたします。

もう一つ、少人数向け会議室(ハドルルーム)に最適なオールインワンデバイス ヤマハ ビデオサウンドコラボレーションシステム for Huddle Rooms 『CS-700』を展示いたします。

今年も参考出品を多数用意しております。先に述べましたL3スイッチ、インテリジェントL2 PoEスイッチに加え、ルーターの参考出品も展示しております。スイッチは「見える。」コーナーで、ルーターは「見える。」「つなぐ」各コーナーでそれぞれ展示しております。また、まとめて参考出品コーナーにも展示しております。

最後となりますが今年もブースステージを予定しております。

ステージでは、ヤマハ ネットワーク製品の取組みを、その歴史と共にご紹介します。ルーターから始まり、「つなぐ。」こと、「見える。」ことについてどのように製品開発に取組み、開発、リリースしてきたかをご紹介するショートステージと、ヤマハが語る「見える。」「つなぐ。」「聞こえる。」ムービーをご用意してお待ちしております。

当日はヤマハ株式会社 平野(ひらの)もしくはSCSK株式会社 奈良部(ならべ)がブースでお待ちしておりますので、お気軽にお声掛けください。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 奈良部 朝康 拝

ヤマハブースに興味を持たれた方は以下よりブースに訪問ください!!

https://www.scsk.jp/event/2017/20170607i.html

名称未設定-19.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する