IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「OSS市場動向 ―成長するNginx」(コラム紹介)

»

私が編集支援しているOSS業界の重鎮 日立ソリューションズ 吉田行男氏によるコラムがプライム・ストラテジーKUSANAGIマガジンに掲載されました。

吉田行男氏といえば、数多くのOSS業界団体の役員を務め、OSS創成期から業界拡大のために尽力をされてきた方です。
今回はそんな吉田氏より、Nginxについて解説いただきました。

興味があるかたは是非ご覧ください。

「OSS市場動向 ―成長するNginx」

###
はじめまして、日立ソリューションズの吉田です。
今回から、Web関連の話題について、コラムを担当させていただきますので、よろしくお願いします。

さて、Web関連の話題ということで、まずはWebサーバに最近の話題についてご紹介したいと思います。

オーストリアのQ-Success社が実施しているW3techsによると、2017年4月時点でWebサーバのシェアで、Nginxが33.3%に到達したと報告されています(*1)。Nginxのシェアは7年前には3.9%で、この7年間で大きな成長を見せたことになります。ちなみに、Apacheのシェアは下落の傾向が続いており50%を下回りました。
ということで、今後もNginxのシェアが伸びていくように思いますが、そもそもNginxというのは、どのようなソフトウェアなのでしょうか?

Wikipedia(*2)によるとNginxは、2002年にカザフスタン生まれのIgor Sysoev氏によって、開発がはじめられたソフトウェアです。特徴は、軽量で高速にコンテンツを配信することができるということです。
また、リバースプロキシの機能を持っているため、背後にWebアプリケーションサーバを配置して動的なコンテンツを配信やロードバランサやHTTPキャッシュとしても使うこともできます。

<この続きは以下をご覧ください>
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1100

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する