IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

最近CMSで【自称勝手に国内シェアNo1】との表記が横行している件 ~そもそも勝手に使ってはいけない表現があります~

»

CMS(Contents Management System)の分野って、どこが国内外でシェア1位かご存知でしょうか?

知っている方は「WordPressが半分以上のシェアを持っているよね」や「この分野ではXXXも頑張っているよね」と答えるはずです。

最近、有償CMSの複数社が「国内CMSシェアNo1」と自社Webやイベントブース、プレゼンテーションなどで表記しており、良くないと思います。No1であるその根拠が書かれていなかったり、第三者の調査データではなかったりするのでよくないと思っています。

ちなみにですが、海外のCMSシェアの第三者調査結果は以下にあります。
https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all

この調査によるとシェア一位はWordPressで56%のシェアを持っています。

日本のCMSシェアの第三者調査結果は以下にあります。
https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management

この調査によるとシェア一位はWordPressで82%のシェアを持っています。

もっといいデータがあればぜひ教えてください。教えていただける方は、以下よりお伝えいただけると幸いです。
https://www.yoshimasa.tokyo/inquire/

さて、第三者の調査データをご紹介したのには理由があります。

日本一や世界一を表現できる会社は第三者の調査機関による商品カテゴリ、地域カテゴリ、期間などが明記された根拠が記載されているものでないとダメなんです。公正取引委員会のガイドラインにも書いてあります。

※公正取引委員会 No.1表記のガイドライン http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/cyosa/cyosa-hyoji/h20/08061302.html

敢えてここまで書かなくてもちゃんとしたマーケッターならこれくらいは常識だと思うのですが、本当にモラルが低いという感じがします。

かつてのある程度シェアをもっていた有償CMSも今やシェア0.1%になっているので、もうなりふり構っていられないのでしょうけど、ちょっとよくないです。

当たり前ですが、シェアを書くときは、以下を必ず守って掲載するようにしましょうね。

1.調査エリア、対象商品、対象時期、調査方法が明記されている第三者による客観的な調査データを参照すること

2.「1」を引用元として明記すること

引用元も明記せず、シェアNo1と、圧倒的にシェアがないのに明記するのって、良くないと思いますよ。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

Comment(0)