IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

日本一般国民が取るべき「北朝鮮戦争」及び「サリン」「テロ行為」そして地震対策

»

連日のように報じられている北朝鮮との戦争について、むやみにあおりたくはないですし、日本一般国民の一人としてかかわりたくはないです。

ただ、家族を持つ身として、自分の家族だけは何としても守りたいと考えています。

そう考えた時に予め取っておきたい対策を考えてみました。但し、私は専門家ではないため、あくまで素人の一般的な考えです。でも、見ていただき、共感できる部分があれば、自己責任で事前に対応されてもよいではないかと思います。

1.備蓄の確認と強化

食料、水やヘルメットなど災害対策用の備蓄の確認と多少の強化はしておきたいですよね。有事になってから一気に買うよりも事前に買っておいたほうが良いと思います。日本は自身が多い国でもあるので、いろいろな意味でも刃部をされたほうが良いと思います。我が家は5年間保存がきく水と食料を1か月分増やしました。

2.ガソリンをなるべく満タンにしておく

車以外に備蓄すると火災の危険も怖いのですが、なるべく自家用車にはガソリンを満タンにしておく習慣をつけたほうが良いように思えます。3.11の時はガソリン待ちの車が2㎞にもなったそうです。

3.待ち合わせ場所の確認

家族で何かあった時にどこに行くのかなどの確認を取っておく。

4.サリンについて調べておく

2009年時点で弾道ミサイルにサリンを乗せて、着弾させる技術がないとされていますが、あれから8年がたちますし、工作員によるサリン散布などもあると思うので、サリンについて知っておいたほうが良いと思いました。

詳しくは信頼できる情報減で調べていただきたいのですが、以下のことが言えるそうです。(自己責任でお願いいたします)

1.呼吸器官以外も皮膚からも感染するため、触れてはいけない
2.衣服が触れた場合、すぐに脱ぎ捨てること
3.症状が出るまで数時間かかるので、経過を慎重に見ること
4.揮発性が高いが、十分安全が確認できるまで屋外に出ないこと
5.万が一の場合、塩基性水溶液で除染するか、大量の水を摂取し排泄することが良いようです。

あと、室内にいるときは散布されてしまっている場合は、エアコンを切り、窓を閉め、通気口を全てガムテープか何かで塞ぎ、極力部屋の中の酸素を減らさないようにじっとしていることが重要だと思います。(素人の個人的な意見です)

今回のようなケースはかなり異常な状況であるため、何がセオリーかわかりませんができる限りの準備と対応をしておきたいと個人的に思います。

Comment(0)