IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアの独り言 > 第65回 オブリビオン

»

私がCTC教育サービスで編集支援しているコラム「スーパーエンジニアの独り言」第65回「オブリビオン」が公開されました。

毎回の力作でファンも多いコラムです。興味がある方は是非ご覧ください!!

###
『最高のチームですか?』:

暦は2077年3月14日、人類は大気圏を越えて静止軌道上に巨大な三角錐の形状をした「テット」"The Tet" を創り避難していました。荒廃した地球を捨てて移住するための備えを粛々と実行しています。

主人公(トム・クルーズ)の説明(ナレーション)に拠れば遡ること六十年前の2017年(今年です)、異星人は彼らが住む惑星が死にかけているのが理由でインベーダーとなって地球侵略を開始します。彼らは手始めに夜空に輝く地球の「月」"Luna, Moon" を破壊します。地球は重力バランスが崩れ自然の脅威が地上を襲い地震と津波の天変地異に因って荒野と化します。機に乗じて侵略を開始したエイリアンとの戦争が始まり人類は遂に「核兵器」を使用に踏み切ります。戦火の果てにエイリアンの侵略を退けることに成功しましたがその代償として地上は汚染されて人が住めなくなってしまいました。

そこで「ミッション・コントロール・センター(宇宙管制センター)」"Mission Control Center; MCC" の「テット」"The Tet" を建設し仮住まいとして逃れていますが、準備が完了次第すぐさま人類は荒廃した地球を捨てて土星の月(第六衛星)「タイタン」"Titan" へ移住を計画しています。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super65.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する