IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

"Amazon S3 を使ってみよう(小澤昌樹氏のコラム)

»

私が編集支援しているCTC教育サービスで小澤昌樹氏のコラムが公開されました。

小澤さんはもともとは試験会場でのご縁でした。そこからのご縁で、コラムをお願いするようになりました。最初のきっけかけはRailsGirlsShiojiriのレポートの話があり、この人書けそう!ということでインプレスさんに紹介したことでした。それがきっかけでこのコラムを書いていただくようになりました。ご縁って不思議ですね。さて!今回は以下のテーマです。

"Amazon S3 を使ってみよう"

興味がある方はお読みください。

###
まず、Amazon S3について簡単に概要を説明しましょう。

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)は、容量無制限のオンラインストレージのWebサービスです。AWSは2006年にサービス提供を始めましたが、その時に最初に提供されたサービスの一つでもあります。Webサイトのホスティング、画像データなどのホスティング、バックアップストレージなどに使用されており、S3を単独で使用することも、EC2などと連携して使用することもできます。

S3は、AWSのその他のサービスと同様に「拡張性」に優れ、99.999999999%という高い「耐久性」を持ちます。この耐久性は、こちらの記事によると、S3に1万個のオブジェクトを保存したとして、そのうちの1つが障害によって失われるのに平均で1000万年ほどかかるレベルということです。また、自動冗長化、暗号化、バージョン管理、アクセス制御、自動アーカイブ機能といった特長を備えています。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/columns/ozawa/ozawa03.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する