IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

一人会社で起業して約五年、サラリーマンの方々が知らない世界。成功すると結構良い世界です。

»

昔からよくあることなんですけど、「独立してます」というだけで、「大変ですねー」と言われたり、若手のサラリーマンの方々から小馬鹿にされたような対応をされることが稀にあります。 小馬鹿にされるのは私の性格のせいかもしれませんが、すくなくとも私がサラリーマン時代にそれなり名前が知られている会社でニュースメディアや雑誌、セミナーで登壇していた時にはそのようなことは全くなかったです。なので、私の性格とかではなく、独立していてその会社の名前を聞いたことがないと、下に見られることがあるということだと思います。

そういう私もサラリーマンの若僧時代、独立している社長を見ると、「儲からなくて大変だよね。」と思ってました。実際にあまり良い生活をしていないように見えたからです。ただ、独立して自分もそっちの人間になってみると全然違う世界があるんですよね。サラリーマンの方々が知らない、小規模でもよい世界がそこに存在しています。極論の話をすれば、例えば、サラリーマンの方々が1000万円の車を買おうとすれば1000万円払わなければいけないですよね。良し悪しは別にして例えば、社用車として購入すると、1000万円の意味合いが違います。経費で1000万円を払うということは法人税引前の金額であり、さらには個人払いと比べると所得税引前の金額なので、安く購入できる感覚です。(これはあくまでざっくりとした感覚の話です) 全てが経費で落ちませんが、割と落ちるものは多いです。なので、サラリーマン時代と同じ収入分、独立後に稼げると倍くらいお金が使える感じになります。

※こんな感覚の税金の話を書いて大丈夫かと思う人もいると思いますが、起業歴通算9年。税理士さんと相談しながらちゃんと、毎年法人税を納めています。忙しいのであまり節税できないので、大雑把にやりながらあとは税理士さんにお任せな感じです。(ホントは良くないのでしょうけど、それほど儲かっている絵わけではないので、節税してもたかが知れている感じです)

もちろん本当に儲かっていない人もいるのですが、儲かっているのに儲かっていないふりをしている人が結構多いですよねー。儲かっていないふりをしたほうが仕事をしやすいのは事実ですもんね。業者が儲かっていると、「儲かっているなら、安くしてよ」とかめちゃくちゃな言われそうですしね。

ただ、私は、そういう自分の仕事の品質と関係がない理由で値引きを言われたら絶対に契約しません。というか値引き交渉をしてくるお客様とは契約しないポリシーでもう5年もやってきています。値引きを断って契約できないのは、それは私の腕がないからだと思うようにしています。そういうお客様と付き合わなくてもよいように腕を上げていきたいです。良いお客様に恵まれ、仕事を頑張りお客様に感謝され、良いお客様ともに成功していきたいと思います。

意味もなく値切ってくるようなお客様に、良い業者が逃げていくことを理解してほしいとも思います。そういう世界ができるように、私は惚れたお客様しか仕事を受けないようにしています。その上で、小さいながら成功して、仕事が充実して楽しく、生活もそれなりにいい生活をしている少人数事業者を実現したいと思います。それを見て、そうなりたいと思う若手で私が見込んだ若手がいれば、私はノウハウを伝授します。私のノウハウは所詮一代限りになってしまうと思うので、活用できる人がいれば活用してほしいと思うのです。そうやって少しでも少人数事業者のステータスが少しでも良くなればと思います。なのでこんなブログも書いています。

うちの事業は投資や株でもなく安易なSEOでもなく、地道なコンテンツや仕掛け作りをコツコツやっていく会社です。コンテンツは完成品を提供せずにお客様と一緒になってコンテンツを作っていくハンズオン型をやっています。良いお客様にも恵まれ、企業から5年間で最初のお客様が半分以上残っており、新しいお客様とも長期間の契約を頂いています。それによりサラリーマン時代には考えられない年収を得ることができ、恐らくですが上場している会社役員の方々と同じくらいか、場合によってはそれ以上に良い生活をしてるように思えます。小規模事業でも成功できるというある種のサンプルになると思います。

興味がある方は私の会社のWebを見たり、私のFacebookアカウントをフォローしていただけるとその様子が見えると思います。(100%公開設定しているのでフォローするだけで、全て見えます。面識がない方からの申請はお受けできないので、予めご了承ください。面識がある方はメッセージを頂けると幸いです)

吉政創成株式会社:http://www.yoshimasa.tokyo/

吉政忠志Facebookアカウント:https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する