吉政忠志のベンチャービジネス千里眼:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

仕事用のPCは私が管理しているので、そんなことは起こらないのですが、家族が遊びで使うPCに百度(バイドゥ)IMEがいつの間にか入ってました。

百度(バイドゥ)IMEといえば、先日、NHKニュースにも出た、利用者に無許可で入力文字やオフィス系ファイルを百度に送付するソフトです。百度は否定していますが、利用者が許可をしていないのに、勝手に百度に送付してしまうことあれば、大問題なのです。ニュースでは、利用者が許可しない場合でも配信していることが、セキュリティ会社が発見したことがわかったと報じられています。

これがどれくらい問題かというと、例えば、百度IMEがインストールされているPCで入力されている個人情報や機密情報が百度に漏えいしてしまう可能性があることです。それが外部に漏えいされれば、漏えいした企業は多大な損害賠償金額を払うことになりかねません。

さらに危険なのは、百度(バイドゥ)IMEはフリーソフトに組み込まれ、利用者が意図せずに百度(バイドゥ)IMEをインストールしてしまっているケースが多いことです。またlenovoのPCには百度(バイドゥ)IMEがプリインストールされているので、注意が必要です。またKingsoft系のソフトにも百度(バイドゥ)IMEが含まれているものがあるので、注意が必要です。lenovoのユーザは法人系が多いので、これが事実だとするとかなり心配です。

百度(バイドゥ)IMEのニュースを見て、子供がゲームをするPCを見てみると、いつのまにか、うちにも入ってました。百度(バイドゥ)IMEのようなスパイソフトと疑われているソフトが我が家にいることは、よくないので、削除しようと試みました。結果は以下の通りです。

1.コントロールパネルからアンインストールすると、萌え系の画面が出てきて、寂しいです的なことを言われ、アンケートに削除する理由を述べシャットダウン。

2.リブート後、何故か設定が英語入力になり、日本語の他社のIMEに設定し直しました。

3.以下のページに記載があるように、アンインストールしても消えないので、システムフォルダーまでたどり、baidu関連のファイルを完全に削除。(他に何をされているのかわからないので、完全かどうかは分かりません)

http://rankonikki.giren.net/?eid=2030

4.とりあえず、今後の予防策としてi-フィルターを購入し、以下を設定しました。

A)baidu系へのアクセス・シャットアウト(baiduを含むURLやファイル名のアクセスを禁止)

B)中国系のサイトへのアクセス・シャットアウト(「.cn/」を含むアクセスを禁止)

C)Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天以外の買い物サイトへのアクセスを禁止

※以前、妻が中国系ショッピングサイトで詐欺にあったことがあるので、これも予防

いずれも完ぺきな予防策ではないのですが、中国系へのサイトをシャットダウンするための施策を行いました。また何か問題が出てきましたら、対処するつもりです。

吉政忠志

Special

- PR -
コメント

コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/32023857

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/yoshimasa/profile_name.html -->吉政 忠志<!-- /include:/yoshimasa/profile_name.html -->

吉政 忠志

吉政創成株式会社の代表取締役 兼 PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。その他の経歴はこちら
国産ITベンチャー企業の支援に一念発起。月額20万円からのマーケティングアウトソーシングを展開中。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ