身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

iphone 10年とは信じられないけど本当だった

»

iphone登場から10年とのニュースを聞き、にわかに信じられなかったのですが本当のようです。

iPhoneが10周年 「電話が世界を変えられる」わずか10年で証明 - ITmedia ニュース

日本ではソフトバンクがiphone 3gを発売したのが2008年の7月11日。

7月11日のiPhone 3G発売について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ITmediaオルタナティブブログでも何人かが当日の発売イベントに参加していました。そして当時は月次でブロガー会合が行われており、その会合の都度に増えていくiphoneユーザ。私も1年遅れの2009年には3GSへの世代交代で安くなった3Gを買いまして主にスケジューラとゲーム端末として使い込みました。その後に海外出張時にSIMフリー化し、現地での連絡手段として活躍してもらいましたので現役としては4年くらいは働いてもらったような気がします。

その頃と比べるとスマホの機能としては位置情報の活用やLINEなどでのコミュニケーションなど同じ路線でいて洗練されていっている部分もあり、バイタルデータを集めたり指紋認証によるパスワード管理端末としての利用など常に身につけていることでの新しい用途が開かれている部分もあり、まだこれからも多くの可能性が残されているように思います。

一方でEメールによるメルマガがLINEやアプリのプッシュ通知に代わっても、最初の数種類、最初の数ヶ月は目を引くもののあっという間に未読の山になってしまう現象や、あるいは現状はバーコードを見せるだけで運用できているポイントカードをスマホに載せてみるという進化は財布を少し薄くするだけでユーザとしての体験をそれほど大きく変えるものではなく、今後まだまだ改善の余地がありそうでもあり、10年の歩みを見ていると動きそうで動かないのではないかと不安にもなる分野です。apple payというサービスが始まったことで何か起こり得るでしょうか。ということをruntasticで走ったあとに思うのでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する