私自身、約10年間に渡って、大手企業を中心に新規事業立ち上げの支援をしてまいりました。これらの経験を元に、難しい新規事業の取り組みについて、少しでもお役立て頂けるようなちょっとしたコツを発信していけたらなと考えています。

ベンチャー企業は、インターン生を活用して、新事業を起ち上げろ!

»

●手前味噌ですが、
我々の会社(エフィジェント社)は、お陰様で 今年で10年目になりました。
今でこそ 新事業コンサルとして 偉そうなことやってますが、この事業も10年という年月をかけて徐々に形成されたものです。
創業当初、我々は、インターン生(大学生)を雇ってました。はじめは、どこの会社もそうでしょうが、取れそうなお仕事をなんでも拾ってました。中小企業向けに、パソコンのセットアップとか、LANケーブルの配線とか、、、単純作業も多かった。で、これら作業を、インターン生に手伝ってもらって、こなしてました。

●今の学生レベルは?
あれから10年経って、今は、あるきっかけで、インターン生とインターン生を雇うベンチャーと触れ合う機会をもっています。
学生さんと接すると、将来の明確なビジョンを持っていて、しっかりしてるなぁという印象。当時とはレベルが格段に違う。
今の学生さんは、パソコンなんかはおてのもんで、HTMLかける人、プログラミングできる人も多く、またもう何社もインターンを経験して超即戦力人材とかも結構いる。
また、ベンチャーと接すると、インターン生のお蔭で成長した企業も少なくない。
学生は、社会人経験が乏しいため、例えば、製造業向けSCMコンサルティングをやって!というのはハードルが高すぎですよね。ただ、比較的馴染みのある業態であれば、想像力を働かせて、上手くできる事も多い。実際、塾とかカフェとかの業態で、学生主体で立ち上げて、運営して、上手く回っているところもあるとの事。

●ベンチャー企業の特性
ベンチャーって、もともとやりたいことあって起業したのだけど、日銭を稼ぐために、やりたいこととは違う事やって、それが自転車操業になって、なかなか本来やりたかったことに軌道修正ができない。とか、やりたい事業アイデアが出てきたのだけど、こちらも今やっている事業が自転車操業で、実行に移せない。とかって、結構多いと思う。特に、1人もしくは数人で回しているベンチャー。
既存リソースで新しい事をやる余裕もないし、新たなリソースを調達するほどのお金も無い。手詰まり状態である。

●解決策として、
そこで、インターン生である。彼らは、比較的 お金よりも 将来の事(主に就職)の方が大事。やる気もあるし、お金のないベンチャーにとっては、うってつけである。
で、それに応えて、我々は、インターン生とベンチャーとをマッチングする「グロース」というサイトを作りました。当分の間は、掲載料も採用報酬も一切頂きません。完全無料ですので、ぜひぜひお試しください!
http://growth.effigent.jp/

*最後は宣伝となり、失礼しました。

ーーーーーーーーーー
新事業推進社 エフィジェント 赤秀有為
停滞しがちな新規事業企画・立ち上げを推進支援します。

【業界初!完全無料】ITベンチャー特化型 長期インターンのグロースも運営。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する