事業グローバル化における戦略と人はどうあるべきか? そのヒントとなるべき考察と事例集

「声に出して読みたいピーター・ドラッカー」の連載開始

»

オンラインメディア、Enterprise Zine にて、「声に出して読みたいピーター・ドラッカー」の連載を開始しました。

ピーター・ドラッカーといえば、マネジメントを生み出した男(The man invented management)。マネジメントの指導者中の指導者(The guru of gurus)。マネジメントの父。(the father of modern management)などと呼ばれます。当連載では、ドラッカーの名句を紐解き、その解釈と背景、そして実践事例を述べてその意味合いを読み解いていきます。

第1回"企業は社会的な存在である"では、企業の役割を社会的意義から捉えたドラッカーの視点について述べていきます。

「声に出して読みたいピーター・ドラッカー」
第1回"企業は社会的な存在である"
http://bit.ly/cUir1j

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する