読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

アイサンギ

»

「アイサンギ」・・・。

名古屋に来て、初めてぐらいの会議で何度か出てきたフレーズ。

・・・アイサンギ?何のこっちゃ。

一応、48年間生きてきて、全く聞いたことの無い単語だった。

最初に思ったのは、「何者なんだ?アイサンギさんって」。

少なくとも、自分の知ってる語彙には無い。結構、知ってる方だと思うんだけどな。

そのフレーズ以外はわかったので、会議の終了後に、誰だったかに聞いてみる。

「アイサンギって何者ですか?」

答えてくれた人は、若干苦笑しながら言う。

「愛知・三重・岐阜エリアのこと。略してアイサンギ(愛三岐)」

ほう。そんな単語があるんですか。

「愛知と三重と岐阜はね、TVの電波圏が一緒なんですよ。だから、販促展開とかは一緒にやることが多いんですよね。」

へぇー。そうだったのかぁ(※秘密のケンミンSHOW的な)

確かに、愛知、三重、岐阜は物理的な距離も近い・・・と言っていいのか?

和歌山の境の三重と、静岡の境の愛知は随分遠いんだが。

しかし、電波圏が同じ、という事実は多分そうなのだろう。

実際、ご当地アイドルとして、「MAG!C PRINCE」というのが居て、

(あ、メンバーの一部は、日本テレビの「PON!」にも出ている)

そのMAG!Cの「MAG」は、三重(MIE)の"M"、愛知(AICHI)の"A"、岐阜(GIFU)の"G"らしい。

改めて「愛知・三重・岐阜」という組合せがメジャーだったことはほんと知らなかった。

電波圏で言えば、南関東も同じだと思うのにな。

いや、そんな広い所はともかく、岡山に住んでいた時、岡山と香川の電波圏が一緒だったが、

「岡香」とか「香岡」という言葉は無かったと記憶している。

でも、今はすっかり「愛三岐(あいさんぎ)」という言葉に慣れてしまっている。

その地に入ってみないと知らない言葉はあるもんだ。

日々、勉強です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する