クライアントの言葉に傷つくことのあるSIの方や、SIの言葉に何か騙されているような気がしているクライアントの方へ

同学年の頑張り。お前も頑張れ to 俺。

»

石田ゆり子さん。可愛いですね!唐突ですが(苦笑)

昨年末に放映されていたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」から、より一層ブレイクして、CMにもより出られている気がします。

今更になって、可愛いだとか綺麗だとか言っている面々に出会うと、俺はずっと昔から好きだったけどな、って思います(笑)

その昔、全日空のキャンペーンガールをされていた頃から好きです。妹の石田ひかりさんもデビューされてて石田ひかりさんの方がメジャーではよく出ていたかと思いますが、ずっと応援していました。

実は同じ学年なんです。自分と。

自分と同学年のタレントさんで、今でもご活躍されている方って多いんですよね。

森高千里さん、槇原敬之さん、山瀬まみさん、宮迫博之さん、天野ひろゆきさん、ウド鈴木さんなどなど・・・。挙げるとキリが無いからこの辺で止めときますが。

残念ながら、スポーツ選手の方々は、現役を引退されている方が多いですが。

まぁ、こういう華々しい世界の方と比較するのもなんですが、その昔、20歳ぐらいの頃は、同学年で一番稼げる人になりたい!(芸能人除く)とか野心というよりも大き過ぎる妄想を持っていたこともありました。

じゃあそう思うのであれば、何か努力していたのか、と問われると・・・。「うーん」としか言いようがありませんが。

小学校時分から、あまり友達づくりが得意で無かった自分として、学友関連で未だに付き合いのある人は非常に少ない。

だから、同級生が今何をしてるか、という話はほとんど自分の耳には入ってきません。

それでも、薄いツテで入ってくることもあります。

映画監督になって今でも商業作品を生み出している人、逆に映画の原作になる小説を生み出している人、会社の社長をやっている人、もちろん普通にサラリーマンをやっている人、その会社の労働組合の委員長をやったという人・・・。様々な人生があります。

また、ここ数年、音楽関係でつながりを持った人が偶然同い年だった、ということもあります。

昨今クラブDJでも活躍しながら○○○○○○ー(この6文字埋めちゃうとすぐ誰かわかってしまうので、7文字目だけはカタカナの横棒であることだけお伝えしておきます)プロジェクトで広報委員長を務めている人、某企業で部長しながら音楽活動を精力的に行っている人、音楽活動しながら家具職人をされている人など。

このオルタナティブ・ブログにも、自分が知っているだけでも3名の方が同級生で(※直接お会いしたことがあるから知っていますが、もっといらっしゃるような気もします)、それぞれの分野で活躍されてらっしゃいます。

頑張る、っていうのは、著名になる、とか、稼いでいる、とかいうだけじゃなくて、日々の生活をまっとうしています、ってことなんだろう、と思っています。

起業を目指して新たに勉強はじめた人も居るし、うちの妻みたいに専業主婦として自分が仕事し易い環境を整えてくれている人も居るでしょうし。

余談ですが、自分の考えとしては、専業主婦として「"外貨"獲得」をしてなかったとしても、それにより「"外貨"獲得」をしてくる側が安心して働けるのであれば、その収入は二人の共同作業として得られていると考える派です。なので、前述のドラマ、「逃げ恥」で言っていたような"共同経営者"という感覚は言い得て妙でした。だから「誰の金で食わせてもらってると思ってるんだ!」的横暴セリフを吐く世の男性が未だに居るようですが、全く考えが理解できないです。

横道それました。

なんでこんなことを書いているかというと・・・。

なんか今、自分、頑張れて無い気がしているからです。

日々の生活環境や待遇に甘えてるなぁ、と。

短期スパンで見れば、自分ではそう思わないだけで頑張っているのかもしれませんが、長期スパンで見れば、今のままで良いのか、という焦りもある。

この4月で仕事内容も立場も大きく変わり、というのもあるかもしれない。

少なくとも、日々の生活をまっとうできるよう、5月からは改めて過ごしていきたいな、と思う月末でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する