クライアントの言葉に傷つくことのあるSIの方や、SIの言葉に何か騙されているような気がしているクライアントの方へ

「流しそば」と「わんこそば」と「そばはっと」

»

今朝の「ぶらり途中下車の旅」は三陸鉄道だった。

俳優の石丸謙二郎氏がガイド役。途中で「龍泉洞」という鍾乳洞に行く。自分は無知なもんで、この鍾乳洞の存在を初めて知った。一度行ってみたいと思った。

ところでその鍾乳洞の近所にある「龍泉洞観光会館」というところでは「流しそば」が食べられる、ということでそれもやっていた。

「流しそば」・・・。自分は全く耳馴染みの無いフレーズだったのだけど、後からぐぐってみると、結構ワードが引っ掛かる。大半は、墨田区にあるらしい「そば」が丁度それが載せられるいかだで目の前に流れてくるらしい(←行ったことが無いので全て推量系ですみません)お店のものだけど、それ以外にも「流しそうめんはあるのに流しそばは何故無いのか?」「流しそばはむいてない」とかある中で、すると、これまた「龍泉洞」と同じ岩手県にあるらしい「龍観洞」という鍾乳洞の観光名物でも「流しそば」があるという。

いわて三陸観光情報ポータルサイト - 滝観洞名物「滝流しそば」を体験!
http://www.iwatetabi-sanriku.jp/post/?p=5664

ここ数年、何度か岩手に出張に行くことがあったので、書こう、と思っていたのだけど、岩手県には「そば」にまつわるネタが結構あるなぁ、と。

花巻出張時、昼飯時に相手先の会社の人が「この辺、食べる所あまり無いんですよねぇ」とか言って連れて行ってくれたのが花巻温泉。そこのメニューに書かれていた「そばはっと」。言われ書きによると、要はその昔、花巻辺りでは「そば」は高価な食べ物で、一般の人は食べることを禁止されていたので、形状を変えることにより、これは「そば」じゃ無いよ、法度を守ってるよ、というものが広まった、とのこと(かなり亜流に省略)

その店の方が書かれてるブログの方が内容は正しいはず。

花巻温泉スタッフblog「ぽちっと花温」楽天版♪ - 岩手郷土料理「そばはっと」ってご存知??
http://plaza.rakuten.co.jp/hanamakionsen/diary/200808230000/

※その場でもらった言われ書き、どっかにあるはずやのになぁ・・・見つからん。

盛岡では言わずとしれた「わんこそば」。子供の頃からずっと興味があったものの、なかなか食べる機会が無かった。約2年前に盛岡出張行った際の帰りに初めて食べた。

Photo

※ちなみに画像は、一人で行ったから「別にいいのに」と思ったけど、お店の人が「記念写真撮りましょう!」と薦めてくれたので、断る理由も無い、と思って撮ってもらったもの。

ちなみに、地元の人はもっぱら普通のそばを食べて、わんこそばを食べないらしい。そういうものなんだろうな。

今日の「流しそば」を見るまで忘れていたけど、かたや花巻ではご禁制品として扱われていたそば。一方、盛岡では次から次とふるまわれるそば。同じ岩手県でも色々文化が違うなぁ、とその時は思ってた。よくよく考えると、昔は県ではなく藩制だったのだから、今の岩手県で一括りにするのは無理がある、と後で気づいたけど。

【安土桃山~江戸時代】四つの藩政 - いわての文化情報大事典
http://www.bunka.pref.iwate.jp/rekishi/rekisi/data/azuchi_3.html

結局、岩手県には未だ仕事でしか足を踏み入れられてないので、プライベートでそばを巡る旅でもしたいものだな、と思った土曜日。

・・・なんやねん、その結び。人から言われる前に自分で言っておく。

Comment(2)

コメント

ardbeg32

えっと、プロフィール写真と記念写真では太ましさがだいぶ違うような気がするような・・・

記事読まんとどこ見てんねん!とセルフツッコミ

>ardbeg32さま
コメントありがとうございました。
プロフィール写真からは12%増量、個人のベスト体重からは絶賛15%増量です(笑)

コメントを投稿する