読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

Windows 7に切り替えて2ヶ月が経ちました。

»

こんな書き出しにしてしまうと、迷惑メール界の不朽の名作(?)「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」みたいですが(苦笑)

なんしか、3月の末に、これまでずっと使ってきたWindows XP SP2からWindows 7に切り替えました、っていうだけの話です。

OSを切り替える手順なんて話はあちらこちらに記述があるので、そこはあんまり触れません。

切り替える、って言っても、結局、元から使っていたPCに、きちんとWindows 7のOS買ってきて入れた、そんな感じです。

元々使っていたPCってのは、6年前のブログに書いた、Core 2 Quadマシン。だって、結局自分の使い方で言えば、何にも困り事が無いのだから。わざわざ買い換える理由も無い、ってことで。

そもそも、6年前にこのPCを購入した時でさえ、Windows Vistaは世に出ていたので、既にダウングレードした状態で購入していた。なんかね、OSのバージョンが上がる、ということはイコール機能が増える・便利になるように見せ掛けて(?)、マシンへの負担が大きくなって、結局そのままのマシンのままではフラストレーションが溜まることになるんじゃないか、という勝手な潜入観ばかりがあって、あえてWindows XPモデルを、SP3が出てきてもあえて上げない、という暴挙をずっとしていた訳です。

そんな自分がWindows 7に上げようか、と思ったのは、一つは世間に負けた(苦笑)だって、あちらこちらでXP使うなんて愚の骨頂ぐらいに煽られるのだもの。こういう所に書いている身分で言っちゃいけないけど、未だに俺が「そんな踏み台になるようなことあるのだろうか?」と思ってたりするけど。あともう一つは、会社貸与のPCが数年前に、Windows XPからWindows 7に切り替わって、しばらく使い込んだ結果、あまり使い勝手に問題を感じないな、と思ったから。これなら問題無いんじゃないか、と。

で、3月中盤、駆け込みで、某有名ECサイトにてWindows 7のOSを手に入れインストールしました。

で、今、使い勝手的には特に何も変わってない。特にパフォーマンスが落ちた、とも思わないし、面倒な手順が増えた、ということも無いし。満足はしています。

一方、導入初期は、Windowsの転送ツールを使って、とかやってて、外部ハードディスクに書き出しをして、インストール後元に戻そうと思ったら、「ハードディスク容量が足りません」(Windows.oldフォルダに結局残ってるので、その分圧迫してるから?)とか出たり、とか、そもそも、今回Windows 7の32bitOSを購入したのですが、それはどこかで、「マイコンピュータ」からハードウェアスペック見て、64bitが使えます、とか書いてたら64bitOSに出来るけど書いてなかったらダメです、とか言うのを鵜呑みにして32bit版を購入後、Windowsの診断ツールを使ったら64bit版も使えます、とか出てきて「だったら、メモリ追加をし易い64bit版にしたのにー」とか思ってもそれはAfter Festivalってことで。

なんにせよ、このオルタナ見てる人の中にはまさか居ない、と思いますが、Windows XP使ってる、という人は、Windows 7に来ても違和感無く使えますよ、だから来ませんか?と言いたい(笑)

確かに、じゃあWindows 7になって超良かった!と感じられる何かがあるか?と問われると難しい所ですが。

まぁもう6月ですし、PCも衣替えしてあげましょうね、まだXPの人は。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する