戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

イタリアのポストハードコアバンド

»

やっと自分の時間ができたので投稿再開です。

さてさて、ちょっと余裕ができたため、本やCDを買い込んだり、これまで買っていたのですが読んだり、聴いたりできていなかったものを一通り消化しています。最近オンラインでいろいろ選んで買うことが少なく、店頭でのジャケ買いやタイトル買いが中心でしたので、当たり外れが多いのは事実です。

その中で「バチカンからのバンド(だったかな?)」というコピーに惹かれて買ってしまったHopes Die Lastがなかなか良かったです。実はバチカンというのはおふざけで、イタリアのバンドらしいですが、荒削りな曲が多いながらもまだバンド初期の勢いが残っている感じです。静かな曲からうるさい曲までいろいろですが、抑揚は結構きいている、が展開力が弱いという印象です。ボーカルの声もやや印象的で、後でYou Tubeでプロもを見てみたら中々画像も良いと感じました。

2枚出ていますが、一作目のSix Years Homeのほうがよりおすすめかな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する