IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

年末年始を含め、冬シーズンは稼働計画を特別に修正しておきましょう。

»

寒くなってきました。

これから冬シーズンとなり、来春暖かくなるまでの間、プロジェクト管理をする人は、稼働していただいているメンバーの健康管理を、普段以上に丁寧に見積もる必要があります。

   

例えばインフルエンザ等の罹患リスクがあるからです。

   

そうでなくても、12月は1年の疲れが鬱積したり、年末年始に息抜きした結果の年明け1月に気が抜けて、まあまあの人達が喉を腫らしたり風邪をひいたり、非稼働となるリスクが高まります。

   

小人数ならともかく、100人とか大規模なプロジェクトの場合は、1%1名です。

罹患等による離脱リスク1%でもその1名がとても大事なリーダーポジションにいる人だった場合、例えば関係者40名の進捗を半分程度停めてしまうかも知れません。

そうすると、40名×50%×1週間=約5人月のロスです。たった1週間の間にそれだけ進捗機会を失います。

   

管理者サイドは、このリスクに備えたスケジュールを引いておくことです。

具体的には2つかと思います。

   

・病欠リスクを織り込む期間は、普段よりも期待生産性を少し下げておく(13%程度)。

・同期間にリスクが顕在化したときの、代替タスクを想定しておく(実施不可となったタスクの代わりに、前倒しできる将来タスクを見積もっておく)。

   

  

経験的には、こういうときはなぜか「大事な人が罹患」するんです。苦笑

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する