オルタナティブ・ブログ > ビジネスライターという仕事 >

ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

失敗から学ぼうと意識すると成功しない

»

ITに強いビジネスライターの森川滋之です。

失敗から学ぶことは大切なのですが、学ぼうと意識しすぎると成功しません。

なぜでしょうか?

 

確実にうまくいく方法を知っている人は誰もいません。うまくいくいかないは、基本的には確率の問題です(そうでなければインサイダーです)。

だから成功哲学として最も強調されていることは、「行動しよう」なのです。

ファーストリテイリングの柳井正さんの著書は『一勝九敗』。柳井さんで1勝9敗なら、我々凡人は1勝99敗ぐらいかもしれません。

いずれにしても失敗のほうが圧倒的に多いわけで、成功しようと思ったらとにかく試行するしかないのです。

そのうち何か1つぐらい当たる。その1つを10にも20にもしていく
――世界中の成功哲学を1行でまとめるとこんな感じではないでしょうか。

 

失敗から学ぼうと意識しすぎる人は、失敗したくない人だと言っていいでしょう。

早く成功したいから、失敗原因を分析し、次は失敗したくないと思う。ですが、また失敗する。そして落ち込み、そのうちやめる。

失敗原因を分析したぐらいで成功するのなら、誰でも成功します。

しょせん確率なのですから、試行回数が多いほうが、成功する回数も増えます。

身も蓋もない話ですが、本当にそうです。製薬業なんか、まさにそんな感じじゃないでしょうか。

 

それでも早く成功したい人は、同時並行でいろいろ失敗するのがいいのではないでしょうか。

あと、確率を上げる方法もあるのですから、それは試したほうがいいでしょう。ただ、おそらく勝率1%が5%になる程度。ほとんど失敗するのは変わりありません(でも5倍はすごいかな)。

 

ちなみに私は失敗から学ぼうと意識してしまう人間です。

 


最新のIT動向やITのビジネスへの応用について、経営者などビジネスパーソンに分かりやすく伝えることができるライターです。

最近注力しているテーマは、下記の通りです。

  • デジタルマーケティング
  • AI関係(機械学習、ディープラーニング、RPAなど)
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)、デジタライゼーション

▼お仕事のお問い合わせはこちらへ

top001.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する