オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

混雑する電車で、争って座席を確保する人たちの心の底にあるもの

»

「日本人はなぜ席を譲らない?」とツイートしたら「レディーファーストって意味不明」と猛反発された(BusinessInsider)

僕は、電車の中(新幹線とか長距離は別ですが)では、立っているようにしています。理由は2つです。一つは、自分の体幹を鍛えるため。立っている間は、極力姿勢に気をつけて、お尻をキュッと締めておくようにしています。

そして、もう一つは座席を譲るプロセスが面倒だから。スマートフォンに見入っていたりすると、前にお年寄りや妊婦さんが立っているのに気づかなかったりしますし、中にはお譲りしても断られることもあるので、そのやり取りをせずに済むように立っていることにしています。

しかし、世の中には争うように席取りをする人っていますよね。人を押しのけて「どん!」と座る。座ったらすぐにスマホに見入る。あるいは、寝る。(寝たふりかも)マナーという言葉とは縁遠い人たちがいるわけですが、もちろんすべてがそんな人ではないわけですが。

「確実に日本の方が安全ですよ」とか「完璧な国なんてない」というコメントもあった(そのとおり。でも今、「どこの国が完璧か」という議論をしているわけではない)。
これらの反論には共通点がある。
私がした座席についての指摘を「日本とアメリカ(あるいは東京とニューヨーク)とどっちが優れているか」という比較にすり替え、「だから日本の勝ち」と結論づけようとしているところだ。私は日本が悪い国だとも、アメリカが完璧だとも言っていない。日本はいいところがいっぱいある国だし、アメリカだってそうだ。そしていずれも完璧ではない。でもある種の人々には、日本のある側面を批判されただけで全否定されたように聞こえてしまうのかもしれない。

他国と比較することが正しいかどうかはさておき、「座席を譲りましょう」という意見には大賛成です。先進国というからには、GDPとかお金だけでなく、民度とでも言うのでしょうか、心の余裕とでも言うべきか、もっとゆとりある意識でいたいものですね。座席を争う人たちは、もう少し周りを見渡すことさえできれば、もっと広い心になれる気がするんですけどね。

Comment(2)

コメント

iso

争ってまでは席取りはしませんが、寝たいのは正直なところ(2時間通勤は辛いのです)。
民度という意味では、昔から電車のドアのところのバーにしがみつく人はいましたが、最近はスマホ見ながら出入り口を塞ぐように立ち尽くしている仁王像な人が増えてますね。
あと車内放送で「リュックサックは手に持つか体の前に~」って放送されてるのにしっかり聞き流し、人が後ろを通ってそのリュックサックに引っかかると盛大に舌打ちする人。
開いてる席を争って奪うのは心のゆとりが無いように思えるし、
出入り口で仁王像やでかいリュックですが何か?ってのは民度の低さに思えます。
尤も、ほとんど席が空いていないにもかかわらず、自分の隣に買い物袋を堂々と置いてスマホに興じるオバサマや、限界まで股を開いてパーソナルスペース空けまくって着席されるオジサマは、これは単にジャイアニストなだけでしょうか。

>isoさん
そういう意味では、なんとなく(電車の中に限らず)全体的に殺伐としている感じで、嫌な雰囲気ですよね。。。

コメントを投稿する