やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【働き方改革提案】電話で時間を拘束しないこと、そして電子メールを使わないこと

»

こんな記事がありました。

「「電話」は時間を奪うので使わない。アマゾンの急成長を実現した「スピード感」の秘密とは?」(lifehacker)

先月、このブログで書きましたが、イシンは固定電話をなくして2年以上経ちます。おかげさまで、電話セールスは激減して、社員は集中して本業に時間を費やせるようになっています。

金融商品、不動産投資といった高額商品から、パソコン、インターネット回線など、さらには観葉植物。中には、弊社の顧客になりたいフリをして、イベントへの出展勧誘といった、巧妙なものまでかかってきます。そのたびに、当社社員の時間を費やしてしまう。

電話セールスでどれだけ獲得できるのか知りませんが、迷惑に感じる人たちは少なくない気がしています。

一方で、取引先からの電話というのもあります。お客様、パートナー、それぞれに用件の重要度は違いますし、緊急度も違うので、電車の中とか以外はきちんと受けるようにしています。そのために、イシンは全社員の名刺に携帯番号を入れています。

ただ、自分から連絡をするときは、出来るだけ電話をかけないようにしています。緊急でどうしようもないとき以外は、相手の時間をリアルタイムで拘束してしまうからです。5分後なら助かるのに、午後だったら時間が空いているのに、と思っても、そんなことを知らずに電話をかけることで、相手の方の時間を拘束しないようにしたいんですよね。

一方で、電子メールはというと、かなり古いツールですよね。日本で企業間で電子メールが使えるようになったのが1984年。Microsoft Ecchangeが出たのが1995年ですから、いずれにせよ何十年も経ったものです。また、企業で業務端末としてスマートフォンを持っているところでも、電子メールよりもチャットやメッセージアプリのほうが用件を把握しやすく、また返信もしやすいように感じています。長々と返信し合ったメールを読むのは、結構きついですしね。

働き方改革なんて言われていますが、どうやると働き方改革になるのか。その中身を決めるのは、我々だと思う今日この頃です。

Comment(2)

コメント

理人

電話は同感です。
うちの会社でもノー電話タイムなるものをお偉いさんが提唱したのですが、当のご本人がイラチな方なので、自分はノー電話タイムを無視して昼休みだろうが休日だろうが、自分が気になる事が発生すると電話を掛けてくるという何とも悲しい状況です。
情シスの私としては在宅勤務制度の導入を目指して企業向けチャットアプリの検討をしているのですが、既読無視状態になろうものなら雷大爆発必至なので、逆に社員の業務に支障が出そうで踏み切れていません。。。

>理人さん
コメントありがとうございます!
その昔、とある通販企業では、14:00-16:00が「集中タイム」と言って、来客を受け付けず、電話も最低限にうる、といったことをなさっていましたが、同じような感じですね。
弊社でも活用し、弊社が販売代理店として扱っているChatWorkは、既読という概念がないので、既読疲れみたいなものとは無縁でいいですよ。^^
おっしゃっていただければ、いつでもトライアルアカウントをお出しいたします。

コメントを投稿する