やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【2018年度版】頑張らなくて良いから、ちゃんとやって

»

2010年に「頑張らなくて良いから、ちゃんとやって」というブログを書いていました。

裁量労働制を理解していない国会議員さんたちが騒いでいますが、我々ビジネスパーソンにとって、労働時間で仕事をする時代ではなくなってきました。もちろん、店舗とか、工場に勤務される方は時間は重要ですが、ことデスクワークや営業などは、成果で見るべき時代だと思っています。

当社の業務で言えば、コンサルティング、セミナー、勉強会といった業務は、すでに時間拘束でやる業務ではなくなっています。

また、キッティングや保守といった業務の場合、100%以外は「0点」なんですよね。80点や90点は存在しない。

世の中には「人間がやるんだから、ミスがあって当然」なんて公言される方もいらっしゃいますが、それは素人のやることであって、プロフェッショナルではない、と思うんですよね。もちろん、ミスが起こる可能性はあるので、それを防止する策を講じないといけない。そこまで考えて仕事をするからこそ、お客様からお金をいただける。とどのつまり、自分たちのお給料は、ちゃんとやった成果の対価なわけですよね。

最近は、「AIが人間にとって代わる」なんて言われています。本当にそうなるかは別として、「僕がここにいる意味」だけはしっかり考えておきたいと思っています。「あなたはダメ」ではなく「あなたじゃないとダメ」と言われる人間であるように、それがプロフェッショナルだと思いますので。そして、お給料をもらえる人は、全員プロフェッショナルだと理解しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する