やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

アンケート作成のリテラシーに見る、目的を達成できない人のコミュニケーションスキル

»

サンタガタ麻美子さんのブログを読んで、このアンケートを作った人って仕事できないんだろうな、と感じた一件です。

「年齢」で人をジャッジするのいい加減やめませんか

内容は読んでいただいてお気づきの通り、「高齢出産になったのは、あなたが悪いのですが、そこに思うところはありますか?」と書いているんじゃないの?と、怒りを買うようなアンケートになっているようです。(実物を見せていただきましたが、まあひどい言葉遣いです)

このアンケートを作った人の目的ってなんでしょうか?おそらく、その雑誌の特性から鑑みると、高齢出産と言われる人の実態を把握し、本来は浮き彫りになる課題に対する解決案の提案とか、情報などを記事にしたいのだと勝手に推測しています。

ところが、そもそも「高齢のあなたが出産して」みたいな書き口調で、何も感じない、あるいは普通にアンケートに答えてくれるとでも思っているのでしょうか。

最近は、ワーキングマザーという言い方があって、それもイクメン同様に違和感があります。専業主婦が主に行なう「家事」は「ワーク」にカウントされないんでしょうかね?イクメンも同じく、いやいやあなたの子だし、育てるの当たり前だし、みたいな。

しかし、外で出て働いているお母さんは、出産や母乳といった、母親にしか出来ないことがあり、ここは男が代わることができないところがあり、その延長線で家事の多くを担っている女性が多いように感じています。もともと働いていて、特に今の東京などでは30代前半で未婚なんて、普通にいらっしゃるし、当然悪いことでもない。でも、出産してある日こんなアンケートが届いたら、どんなふうに感じるでしょう。これは、僕みたいな男でも想像がついてしまいます。

どんな仕事でも、目的を考えていないと、こんなアンケート結果を得られそうにないアンケートを作成してしまい、でも自分は仕事をした気分になっていて、アンケートに回答してくれない人たちがいけないんだ、くらいに思ってしまいかねないですよね。

若干、遠回りにまどろっこしい文章になってしまいましたが、まあそんなことを感じた今日この頃です。

Comment(2)

コメント

私もサンタガタ麻実子さんのブログを読みましたが、ひどい内容のアンケートのようですね。
仕事がらセミナーやイベントでアンケートを作ることがありますが、
アンケートを書く人の立場になって作らないと駄目です。 
 
今回のアンケートは結論ありきで、その結論を正当化するために実施されたように見受けます。
やっているの事はどこぞの省庁がデータを改ざんしたアンケートと一緒ですね。 
 
アンケートの目的が市場の実態を知るためなのか?
それとも、自分たちの考え方ている方向性が合っているのか?など
目的をきちんと考えてアンケートを作れば、あのような設問や文章にはならないと思います。 
 
この辺りは思考は政府も企業も戦前から変わらないようで、
どうしても自分たちが求めている結果を正当化しないと嫌なのでしょうね。。。 
 
本来アンケートとは過去・現在・未来の3つ、もしくは現在・未来の2つの設問用意して
今後の事業方針(戦略・製品・サービスなど)をどうするのかを決めていくための
広く意見を聞く方法の1つだと思います。 
 
初めから結論ありきでその裏付けのためにアンケートして得た情報は
正しく整理出来いなので事業方針などは有って無いようなものに。 
 
だから日本の大企業や行政でイノベーションが起きずらいのでしょうね。。。

>kiyoさん
結果ありきなら、広範囲でやらなければいいんでしょうけどね。残念です。

コメントを投稿する