やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

マーケティングと営業が対立する会社は廃れる

»

その昔、「僕はマーケティングなのでお客さんをケアするのは、僕の担当じゃない」と言い切った人がいて、その外資系企業は、日本にはなくなってしまいました。(グローバル的にも大縮小)

「まったく、うちの営業は」
「マーケはお金ばかり使いやがって」

こんなことを言い合っている会社を見かけることがありますが、果たしてお互いの言い分は正しいんでしょうか。そもそも、どちらも何を目指して仕事をしているんでしょうか。

以前「御社にマーケティングって必要でしたっけ?」というブログを書いたことがありますが、部門として必要かどうかはさておき、マーケティング活動は必要だと思っています。僕は、マーケティングって結構広義であり、また広範囲に見ていく仕事だと思っています。さらに、会社の売上と利益に貢献しないといけないわけで、営業と無塩で仕事ができるはずもなく。

いまだに、闇雲に電話セールスをしている会社もありますが、本質は自分たちのサービス、製品を求めてくれそうなお客様(候補)にリーチしないといけない。それを、いかに効率的にできるか、ですよね。だから、社内で営業とマーケティングが対立しているということは、仕事をしていない、と同義語になってしまう。

そんなことを、とある懇親会の場で話し合った今日この頃です。

Comment(2)

コメント

マーケや営業と争うのはセクショナリズムで組織として縦割り意識が強い
官僚的な会社なのでしょうね。
 
役割としてマーケ・営業と別れていても
お客の立場からすると、部署や部門・役職には関係なくて
全てがその会社でしかありません。
 
その事を意識して対応をしていれば、おのずから組織の在り方が
変わっていくかと思いますが。

>kiyoさん
社内に敵がいる人って、意外と多いのかもしれませんね。。。

コメントを投稿する