やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

GODIVAのメッセージで、義理チョコとあげたいチョコのどちらを選ぶのか

»

 バレンタインを前にして、こんな記事がネットを賑わせました。賛否両論あって、「よくぞ言ってくれた。毎年、無駄な出費で苦労していた」という女性は当然いらっしゃいましたが、「私は義理チョコとはいえ、選ぶのが楽しいんだからほっといてくれ」というご意見もあり。どちらも正しいですし、どちらが間違っているというのはない。

そんな投げかけをしたGODIVAは、一方でこんな広告を出しています。

「あげるってたのしい」

先ほどの後者の意見にあったものですね。僕も、女性の方に何かのお礼とかでチョコやスイーツを買っていくことがありますが、普段自分が食べないものを買っていくのは、これはこれでちょっと楽しい。せっかく持っていくのだから、相手に喜んでもらいたい。だから、自分なりに真剣に選びます。このプロセスが楽しいんですよね。

パワハラとまでは言いませんが、会社内で「義理チョコ必須」の空気だけは作りたくないですよね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する