やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

気をつけるべきは、雪の日じゃなく、その翌日だった

»

IMG_8805.JPG

1/月22日(月曜日)は、(珍しく)天気予報通りに雪になり、夜には結構な積雪量で、夕方の新橋の写真です。多くの企業が早期退社の指示または連絡を出して、15時くらいはどのターミナル駅も人でいっぱい。イシンも15時半には社員ゼロになっていました。

そして、一夜明けて火曜日は、早朝から都内の電車が遅れまくりの状態。その原因は、間引き運転だったようです。

首都圏「大雪時の間引き運転」は逆効果だ(東洋経済オンライン)

東京は、とかく雪に弱い都市なので、上記の記事もごもっともだとは思いますが、一朝一夕では変わらない。23日、僕が使う浅草線は、間引き運転の影響もあって、人形町で20分以上待って電車が到着しましたが、大混雑で乗るのも困難な状態。その状況は、夕方まで続いていました。

イシンでは、雪の翌日に税理士さんにお出でいただく予定は、前日に連絡をして延期していただき、お客様とのアポイントも変更依頼をだしておいたのですが、すべて正解でした。無理やり行こうとすると、あの大混雑に飛び込まざるを得なくなり、さらに遅刻する、なんてことになりかねませんでしたしね。

東京は雪に弱いのは事実で、タクシー移動はもっと最悪。一般のドライバーが降雪時の運転の仕方を知らない人が多すぎるので、大渋滞になります。だったら、移動しない。そんなことを再認識した雪の日でした。もう一回くらいあるのかなあ。(ぼそっ)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する