やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

出社しない勇気と、上司より先に帰る勇気

»

これだけ暑くなってくると、日が長くなるぶん、ついつい遅くまで仕事をする、なんてことはないでしょうか。僕はそれよりも、せっかく明るいうちから飲めるチャンスなんだから、といそいそとしてしまいますが。(笑)

僕が若い頃は、上司より早く帰るのが目標でしたが、中には部下が先に帰ることを善しとしない、なんてわけのわからない管理職がいたので、引き止められたらバトルでした。喧嘩腰にならず、理論で勝つのがカッコいい、と思っていた時代。もちろん、やるべきことをやり遂げないで帰るのは違いますが。

最近は、外や自宅でも仕事が出来る人が増えているわけですが、それでも夕方に打ち合わせした相手の方が「一度オフィスに戻ります」なんてことをおっしゃることがあります。それぞれに事情があるのだとは思いますが、業務単位で分析すると、会議ならオンラインやチャットワークみたいなツールできないのかとか、見積書や提案書なら外で作れるだろう、とか思ってしまいます。

スライド1.jpg

例えば単純に、上の図の青いところが社内でしか出来ない仕事だとして、オレンジが社外でもできる仕事だとします。

スライド2.jpg

だったら、単純に社内でしか出来ない仕事を前倒しさせてしまえば、後半は出社しなくていい。実際には、こんなに単純ではないとは思いますが、物事はシンプルに整理すべきだと思っています。

こうやって説明しても前倒しできない人は、ギリギリでやる癖が付いているだけ。僕は小心者なので、ギリギリでやると、何らかのトラブルで間に合わない、ということが心配で、ついつい前倒ししたくなります。アポイントでもそうですね。ギリギリじゃなく、早めについてカフェを探す。電車の遅延でアポイントに遅刻する、なんて一番やりたくないですから。

出社しないためには、そうするんだと腹をくくって勇気を持って、そしてシンプルに整理すれば実現可能なんじゃないか、なんて思う今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する