やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

言うべきことと言うべきではないこと、そしてFacebookに不要なコメント

»

有言実行が美徳と考えてきた僕にとっては、耳が痛い記事です。

私たちの多くは、思ったり感じたりしたことをすぐに口に出してしまいますが、たいてい、それは賢明なことではありません。言葉には、良いことをする力もありますが、人を傷つけたり、怒らせたり、また、自らに災いをもたらす力も持っています

たしかに、余計なひと言というのもありますよね。本人は悪気がない、というか、悪気がある人なんてそうそういないわけですが、悪気がないからこそ、余計な言葉になってしまうことって少なくないですよね。

Facebookのコメントで不要だと感じるのは、その投稿の主旨とはまったく関連性のないもの、あるいは関連性がないわけではないけど、本論から外れているもの、ですね。いや、書くのは勝手です。書くのは勝手ですけど、感じ方も勝手なもの。コミュニケーションって、伝わってこそナンボ、と考えれば、伝わらないコメントは無駄になってしまいますよね。

コミュニケーションツールの多様化の時代だからこそ、自分の発言、書き込みを、言いっ放し、書きっぱなしにならないように、と感じる今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する