習うより慣れよ

Parallels Desktop11 for Macで困っていること。

»

テスト環境
Apple MacBook Pro(Late 2008 OS X Yosemite 10.10.5)
Core 2 Duo 2.53 GHz
RAM:8GB
SSD:256GB
セキュリティソフト:Intego Mac Internet Security X8(Firewallあり)
Parallels Desktop 11 for Mac Pro Edition バージョン 11.0.1 (31277)
Windows 10 Pro +
ESET Smart Security V8

Parallels Desktop 11 for Mac Pro Edition アップグレード版 (1年間)にインストールしてあるWindows 8.1 Pro を、Windows 10 Pro にアップグレード:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2015/09/14

通常であれば、Windowsを起動後、自動的にParallels Tools のインストールが行われるのだが(確かに、自動的にParallels Tools のインストールが行われたのだが)、どうも上手く行っていない。

敢えて書くと、自動的にParallels Tools のインストールが行われたのだが)、やはり上手く行っていない。

  1. ホスト OS(OS X Yosemite 10.10.5) > ゲスト OS(Windows 10 Pro)へのドラッグアンドドロップが出来る時と、出来ない時があった。
  2. ゲスト OS(Windows 10 Pro) > ホスト OS(OS X Yosemite 10.10.5)へのドラッグアンドドロップが出来なかった。

Parallels Tools を、アンインストールして、再度インストールしたのだが、症状は変わらない(この事象は私の環境だけかも知れないが)。

アップグレード 1回目の時にも、上記と同じ症状が出た。

Windows 8.1 Pro を、Windows 10 Pro にアップグレード テスト1回目が存在した。:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2015/09/21

それに加えて、Parallels Desktop 11 for Mac - Windows 10 Pro - オプション - 共有 を変更したところ、

Windows 10にアップグレードしたら、Windows 10でスタートメニューが表示されない/開けない対処法

上記の症状が出てしまった。

こういう時こそ、Parallels Desktopの一大特徴である、スナップショットに戻す(Windows 10 Proにアップグレードする前の状態)をすればクイックに戻る、戻れるハズなのだが、生憎とスナップショットを撮っていませんでした。猿も木から落ちるデス、ハイ。

Windows 10にアップグレードしたら、Windows 10でスタートメニューが表示されない/開けない対処法 - 解決方法一、解決方法二を行ってもダメだったので以前のバージョンの Windows に戻す を利用して、Windows 10 Pro > Windows 8.1 Pro に戻した。

Windows 8.1 Pro に戻ったところで、今度こそスナップショットを取得し、Windows 8.1 Pro を、Windows 10 Pro にアップグレード テスト2回目を行ったわけだ。

しかし、その後、Parallels Desktop 11 for Mac バージョン 11.0.1 (31277)へのアップデートを行った際、

Parallels Toolsが自動でインストールされた時に、Windows 10にアップグレードしたら、Windows 10でスタートメニューが表示されない/開けない対処法 の症状がまた出てしまった > 速攻で、スナップショットに戻すを行った。

結局、Parallels Desktop 11 for Mac Pro Edition アップグレード版 (1年間)にインストールしてあるWindows 8.1 Pro を、Windows 10 Pro にアップグレード は、現在、上手く行っていない...

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する