触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

9月30日に東京・泉岳寺で、経済や自分科学、量子論的生き方などをテーマにした勉強会「会津村塾」が開催されます

»

ウィークリーマンションで有名だったツカサグループの元代表で
現在は会津に昭和30年代村を建設しようと活動している川又三智彦さんが
会津村塾という勉強会を主宰しています。

ここしばらくは、田園調布のスジェールコーヒーというカフェで開催していて、
雰囲気はよかったのですが、
スペースが限られていて参加できる人数が少なかったので
このブログでも告知は掲載していませんでした。

川又さんが泉岳寺にあるミャンマー総合センターの所長につき、
今月から、開催場所も、そこに移ることになりました。
広い部屋になるので、多くの方々に参加していただけます。

川又さんの経済情報や、自分科学、量子論と人生論などの話は
とてもユニークで面白いので、
まだ聴いたことがない方は、ぜひ一度参加してみてください。
詳細の一部を下に転載しておきます。

9/30 第42回会津村塾・高輪(泉岳寺) 2014年をワクワクで生きる集い

日時:2014年9月30日 18:30 - 21:00
場所:泉岳寺・ミヤンマー総合センター(財界二世学院ビル・緑色の建物です)6階

★☆★NEWS 本校を高輪に移します。
地下鉄都営浅草線「泉岳寺」A4出口すぐ隣の「山内農場・魚民」のあるビル6階です。
一階は喫茶店になっています。店内にあるエレベーターで6階にお上がりください。

この9月から、
川又社長が泉岳寺ミヤンマー総合センター所長に就任したことに伴い、
高輪(泉岳寺)に会津村塾の本校を移します。

これまでの講演形式ではなく、「昭和30年代村構想」「量子論的生き方」を通してワクワク感を共有できる場にできればと思います。

★会津村とは、「誰もが参加できる“ダッシュ村”」です。
  その企画段階から参画してみませんか。

第1部
川又三智彦塾長の「経済ナビゲーション講座」

ここ1ヶ月の出来事を選別、抽出した資料をもとにして、経済や金融のこれからを予測します。

1994年からワンワン倶楽部という勉強会を立ち上げ、独自の目線から経済解説をしてきました。96年からは雑誌で連載を続けてきました。『経営塾(現・月刊BOSS』では「けいざい物見櫓」を11年間という超ロングの連載を行い、この連載がもとで出された単行本「2017年、日本システムの終焉」「2020年の日本からの警告」(2006.2007年、光文社刊)はこれからの日本の姿を的確に予測しています。


★過去からの出来事の流れをさかのぼることでこれから日本、世界で起きるであろう出来事、未来を予測するために経済解説を行っております。
 この昭和30年代村構想も、2017年から2020年に起こるであろう日本の大転換に備えることを目的としてスタートしています。

  ****************************************

第2部
2014年をワクワクで生きる集い その9

会津村塾がこれまでテーマにしてきた「経済・金融」「量子論」「自分科学」
会津での「村づくり」
そして、みなさまがこの会津でやりたいこと
などなど、
いろんな情報の交換をしましょう。
この場で面白いアイデアやイベントを生み出しましょう。

(中略)

☆☆☆会場☆☆☆
泉岳寺・ミヤンマー総合センター(財界二世学院ビル・緑色の建物です)6階
〒108-0074 港区高輪2-19-20

地下鉄都営浅草線「泉岳寺」A4出口を出た隣のビルです。一階は喫茶店になっています。その店内にあるエレベーターで6階にお上がりください。

☆☆☆参加費用☆☆☆
参加費用(資料代) 2.000円

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する