触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

表面的な数字だけで判断すると間違うことはよくある

»

昨日のW杯サッカーの日本代表対ギリシャ戦は
ぼくも早起きして見てましたが、
相手の選手が一人退場して数的優位に立ちながら
ゴールを決められず、引き分けに終わってしまい残念でした。

これで1分け1敗で勝ち点は1しかとれず、
グループリーグ突破の可能性が低くなったように思いましたが
実は引き分けたほうが、可能性が高いのではないかという説が出ていました。

ギリシャ戦は引き分けで正解?1-0で勝つより決勝進出の可能性が高い疑惑 | CuRAZY

オルタナブロガーの一瀬宗也さんも書いてらっしゃいますね。

ギリシャ戦は、もやもやしたけど、あれでよかった:「島ナイチャーの沖縄探訪」

もし日本が勝っていれば、次戦の対コロンビア戦で、
コロンビアはまだグループリーグ突破が決まらないので、
日本に勝ちに来るし、
ギリシャは敗退が決まってしまうので
対コートジボワール戦で勝とうというモチベーションが低くなり
大差で負けてしまう可能性が高くなるので、
日本がコロンビアに勝って2勝1敗で3チームで並んでも
得失点差でグループリーグ敗退の可能性が高くなる。

引き分けたことが、コロンビアはグループリーグ突破が決まり、
対日本戦では主力を温存して気楽に戦ってくるので
勝てる可能性が高くなるし、
ギリシャも突破ののぞみが残っているので
対コートジボワール戦で全力で勝ちに行く。
もし日本とギリシャが勝って1勝1敗1分けで並んだときに、
得失点差で日本が突破できる可能性が高いということです。

たしかに単に勝ち点や勝敗数の数字だけを見るだけでなく、
各国チームのモチベーションまで考えると、
この説は説得力があります。

このケースのように、表面的な数字だけで判断すると
間違うことはよくあるので、気をつけないといけないですね。

日本代表の次戦での勝利を期待したいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する