顧客サービスとITのおいしい関係を考える

またも田園都市線でダブルパンチ

»

昨年から何かとダイヤの混乱が目立つ東急田園都市線ですが、24日夜にまたトラブルがありました。

私が19:00頃に三越前駅から田園都市線に乗ろうとしたところ、改札付近に並んでいる列を発見しました。その少し前の17:30頃に渋谷の先の高津駅付近で人身事故があって、振り替え輸送をしていたようです。改札の列は振り替えの切符をもらう人の列でした。

とりあえず電車は動いているようなので、ホームにそのまま行きました。この時点で、東武線への乗り入れは中止、急行をなくして全て各駅停車での運行になっていました。

しばらく待つと電車が来たので乗りました。この電車がちょうど渋谷駅に着いた時に、回りが騒がしくなり、今後はこの先の用賀駅で線路のトラブルが発生したというアナウンスがありました。復旧にしばらくかかりそうだ、ということだったので、電車を降りて、東急線に乗り換えました。渋谷駅は改札規制で混雑し、東横線も殺人的に混んでました。

結局、東急線の菊名でJR横浜線に乗り換えて新横浜に行き、市営地下鉄であざみ野まで行って、なんとか家に帰って来ました。

田園都市線は止まってから1時間後の21時過ぎに一度復旧したようですが、その後もたいへんだったようです。

電車のトラブルは、このまま待つべきか、別の路線に乗り換えるべきか、どの駅で何線に乗り換えるのがいいかなど、情報収集して決断すべきことが多いです。トラブルが日常的なものになると、危機対応能力が鍛えられるかもしれませんね。あまり、うれしくはないですが。

3月になると市営地下鉄に新しい路線が開通して、あざみ野から東急東横線の日吉まで地下鉄で行けるようになります。田園都市線の代替案(alternative plan)の選択肢がさらに増えます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する