サービス化時代の潮流、ビジネスモデルを探る。週末はクワッチ三昧!

週末はクワッチ三昧♪ 〜クワリウムを楽しもう(下)〜

»

 前回ご紹介したオオクワッチの新しい楽しみ方が「クワリウム」(週末はクワッチ三昧♪ 〜クワリウムを楽しもう(上)〜)。横幅90センチもある大型の水槽にコルク樹皮で作った特製バックパネルを組み込んだクワリウムの制作過程をご紹介しましたが、折角なのでプロのカメラマン方など、報道陣を招待した”オオクワッチ投入の儀式”を執り行うことに(笑)

 ”オオクワッチ投入の儀式”の会場は、東京・六本木の豚組しゃぶ庵。かつてTwitterの聖地とも言われた知る人ぞ知るお店。通常は、夜間の会食で利用することが多いがこの日は、土曜日のランチに利用することに。

Img_3756

 東京国立新美術館の横に位置して休日は美術館鑑賞をした家族連れが大広間のランチブッフェに立ち寄る中で美術館に出入りする人がよく見える特別室でしゃぶしゃぶを頂きながら”儀式”を執り行うことに。

Img_3770

この特別室、食事用のスペースとは別に奥にソファーとちょうどいいテーブルが。テーブルの上に見えるものは!?

Img_3759

豚組しゃぶ庵といえば、トレードマークのル・クルーゼ(LE CREUSET)。オレンジ色の凄い鍋。そんな夕刊があった(笑)

Img_3769

 この日は、シンプルなしゃぶしゃぶのセットに大広間のブッフェ料理の食べ放題もつけてもらいました。今年、就任したばかりの新社長のKさんにはとんかつの豚組食堂(コトづくりなお店 〜豚組食堂(六本木ヒルズ)〜)といい、いつもお世話になっています。

Img_3775

この日は、甘とろ豚(愛媛)に白金豚(岩手)といも豚(千葉)という3つの銘柄豚をいただきました!

Img_3773

取り放題のブッフェ料理。この他、ご飯もの(わかめご飯、カレー、うどん)や麺類も。

Img_3768

 さて、その特別室に鎮座したクワリウム。なかなかの迫力で特別室に設置しても違和感がありません。

Img_3766

 報道陣のみなさま(日経BP社Y様、キッズデザイン協議会T様、T写真館T様)も、その出来映えに見入っております。

Img_3765

Img_3767_2

 持ち込んだオオクワッチは、約30頭。産まれてから3〜4年ほど経ったおじいさん、おばあさんの個体が中心ですがまだまだ元気。さっそく腕試しで柔道の組み手のように乱取りを始めました!

Img_3779

餌場を早々と占拠して食事を開始するヤツも。

Img_3777

 いたるところで腕試しが始まっています。実は、これらの個体はすべて孵化してから個別飼育をしてきたもの。突然の集団生活に少々戸惑っている個体もいました。

Img_3781

 無事、”オオクワッチ投入の儀式”も終了。懸念された水槽の運搬も皆さんのサポートもあり、スムーズに搬出することができました。

Img_3754

 さて、これからは毎夜クワリウムを眺める日々がスタートですよ☆彡

(つづく)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する