サービス化時代の潮流、ビジネスモデルを探る。週末はクワッチ三昧!

コトづくりなお店 〜豚組食堂(六本木ヒルズ)〜

»

先日、六本木ヒルズにオープンしたあるお店のレセプションに招かれました。

Twitterが拡がり始めた頃に”twitter聖地”と呼ばれた豚組さんの新店舗「豚組食堂」のお披露目レセプションです。同じ六本木にある「豚組しゃぶ庵」、そして西麻布にある「とんかつ豚組」に続く、豚組三店舗目のお店です。お店の説明によると、

「究極のとんかつ」を目指す豚組が、日常の食事としてのとんかつを再定義。

おサイフにもやさしい、毎日でも食べられる”本物のとんかつ”です♪( ´(00)`)

さて、どんなとんかつ屋さんなのか!?

Img_1135
その特徴は、何と言ってもオープンキッチンのとんかつ屋さんであること。お客様の目の前で調理する様はまさに劇場型のとんかつ体験スタジアムといった感じ。職人のこだわりを目の当たりにしながらワクワクしながらオーダーしたトンカツが出て来るのを”眼”で”耳”で楽しみながら待つこと15分☆彡 
これぞとんかつのコトづくりだ(笑)
Img_1139
見よ!このボリュームを!!
これは、超厚切り2倍のロースかつ膳\(^(oo)^)/
Img_1141

      お店のとんかつの食べ方へのこだわり

      豚組の食べ方3原則
      【1】かつは横向き
       横に倒して食す。(切り口が上)
      【2】ソースは小皿に。
       都度つけて食す。(刺身のごとく) 
      【3】はじめは塩から。
       何もつけずに食す。塩で食す。ソースで食す。

さて、超厚切り2倍のロースかつを別の角度からもう一度。
肉汁じゅわ〜\(^(oo)^)/
ジューシーさが伝わるでしょ♪
Img_1142
豚組のとんかつへのこだわりがメニューにも記載されています。全国の超人気銘柄豚を厳選し、2時間熟成の一等パン粉と太白ごま油と綿実油のオリジナルブレンドの高級ごま油を使用。甘くてやわらかい都度切りたてのキャベツと山形県ひとめぼれのご飯は食べ放題。胃にもたれしないとんかつが自慢。
Img_1136
椅子の背もたれにもぶーぶー( ´(00)`)(笑)
Img_1140
左側が超厚切り2倍のロースかつ膳右側は、1.5倍のフィレとロースかつ膳\(^(oo)^)/確かにお店のウリのとおり、胃もたれなしで”美味しゅうございました♪”
Img_1144
新社長の國吉さんと後輩二人が記念撮影。余談だが、私も含めみんな長島茂雄さんの後輩(笑)
Img_1148
夜は、それなりの値段になるが、ランチはロースかつランチが1000円からと豚組入門はおサイフにも優しい。今度は、家族連れで行ってみたいぶ〜\(^(oo)^)/
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する