人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

とっても「トガった」リーダーシップ研修を宣伝させてください

»

今回の記事は、100%「宣伝」です。ごめんなさい。

みなさんは、「ウルトラセブン」と聞いて、何を思い出しますか?あるいは、どう感じますか?
1967年にテレビ放映された、円谷プロダクションの特撮ドラマです。
懐かしい、と思う人もいれば、名前は知っているけどよくわからない、という人もいるでしょう。
また、間違えて「ウルトラマンセブン」だと思っておられる方もいらっしゃるでしょう。

円谷プロは当時、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「キャプテンウルトラ」「帰ってきたウルトラマン」と、「ウルトラ●●」というシリーズを作っていきたかったようなのです。しかし次作を「ウルトラエース」にしようとした時点で、版権か何かの問題でその名前が使えず、仕方なく「ウルトラマンエース」にしたんだそうです。それが、「ウルトラマン●●」というネーミングの誕生なのだそうです。

しかし、ウルトラセブンと聞いて「ウルトラ警備隊」「キリヤマ隊長」を即座に思い出す人は、そうはおられないのではないでしょうか。もしキリヤマ隊長をすぐに思い出せる人は、相当の「ツウ」でいらっしゃると思います。

さてこのキリヤマ隊長、ドラマの中ではウルトラ警備隊のリーダーとして、ひと癖もふた癖もあるメンバー(特にその中のひとりは宇宙人・ウルトラセブンであるモロボシ・ダンです)に対して適切に指示を出し、困難な局面に最適な判断を下し、ピンチを乗り切っています。一方キリヤマ隊長が指揮を執るウルトラ警備隊は、世界規模で活動している地球防衛軍・極東支部の部署のひとつにすぎません。そう、キリヤマ隊長は、いわば「中間管理職」なのです。

キリヤマ隊長の設定年齢は38歳であるということもあり、まさに今リーダーシップを発揮しなければならない「第一次ウルトラ世代」と同年齢でもあるわけです。キリヤマ隊長こそが、リーダーシップの「お手本」「見本」となるべき存在であるわけです。

そこで、このキリヤマ隊長に学ぶリーダーシップ研修が作れないか?と考えました。・・・今から6年前、2005年に。実は、私は1997年に、こんな本と出会っていたのです。構想を8年間温め、2005年にこの本の著者である大崎 悌造氏に許諾を得て、「キリヤマ隊長に学ぶリーダーシップ」というリーダーシップ研修を作り上げたのです。ちょうど2007年は、ウルトラセブン生誕40周年です。これに合わせてこの研修を世に出そう、と考えたのです。

しかし、それからが大変でした。当然のことながら、その研修を世に出すためには円谷プロにかけあって、著作権の問題をクリアにしなければなりません。色々な人に協力していただいて、5年かけて著作権の問題をクリアしました。円谷プロはもちろんのこと、教材で使用するストーリーのシナリオを書いた脚本家の方、教材でイラストとして登場する俳優さんに許諾を求めました。そして昨年12月に、すべての方の許諾が下り、研修を世に出すことができたのです。ウルトラセブン生誕40周年には間に合いませんでしたが、それでも世に出せた、ということだけでもとっても嬉しく思っています。自己満足みたいなところもありますが、お許しください。

研修の様子の一部は、こちらからご覧いただけます。私は、ビジネスとしてお金儲けがしたいということよりも、この研修を世に広め、1人でも多くの人がキリヤマ隊長から「リーダーシップとは何ぞや?」ということを学んでいただきたい、と思っています。(まぁ、ビジネスであることは間違いないんですが)。

本当に、ウルトラセブンで、キリヤマ隊長でリーダーシップが学べるのか?そう思う方はいっぱいおられると思います。答えは「Yes!」です。とにかく、ウルトラセブンの脚本、俳優陣の演技がすごいのです。とっても考えさせられる話がいっぱい散りばめられているのです。

興味を持った方が、「そうなのか、ウルトラセブンでリーダーシップが学べるのか・・・いちど、ウルトラセブンの DVD でも借りて、見てみようかな?」と思っていただくだけでも、嬉しいです。

Comment(5)

コメント

N.TSUTSUI

谷さん、ついにこの研修を実現なさったんですね!
おめでとうございます。
YOU TUBE も見せて頂きました。
谷さんがとっても嬉しそうに講師をなさっていたのが印象的でした。
実に面白い切り口で、でも真面目な研修ですよね。
ますますのご発展をお祈りいたします。

谷 誠之

TSUTSUI さん、こんにちは。
高知の TSUTSUI さん、ですよね?
そうなんです。ついに、ついに完成したんです。
できれば、高知でも、岡山でも、実施させていただければ幸いです。

あらためて、連絡させていただきます(ああ、この場を私用で使ってしまった・・・)

この研修が一段落したら、次回作は悪役幹部に見るリーダーシップワークショップを作って欲しいですね(笑)
悪の幹部は、何度やられても次こそは! といってめげませんし、ピンチの時ほど不敵な笑い(フフフッとか)で、ここまで来たことを褒めてやろう! とか余裕をかましています。
さらに一癖も二癖もある怪人軍団を統率していますからね。
その点、正義側の主人公は苦しいときには、あからさまに苦しみを表現しちゃいます。
そう考えると、ある意味、悪の幹部の方がポジティブ思考ができていそうです。
実際に、世界征服はしなくてもいいですから、「悪のポジティブ思考」は見習いたいものです。
こんどは、東映にアポ取りますぜ。

N.TSUTSUI

谷さん、そうです!
高知のTSUTSUIでございます。(笑)
レスが遅くなりまして、すみません。
ホントに高知でもできたらいいな~。


木村さん、初めまして。
高知でコミュニケーション講師をしている者です。
木村さんの文章を拝読し、笑ってしまいました。
悪役幹部のリーダーシップワークショップはすごい!秀逸なアイデアです。
「悪のポジティブ思考」かぁ…。言い得て妙です。
東映とのコラボも見てみたいですねえ。(笑)

谷 誠之

木村さん、こんにちは。(木村さんは、今回の「キリヤマ」研修の円谷プロ許諾に関して骨を折ってくださった方です)コメントありがとうございます。
なるほど。、「悪の組織の幹部」に学ぶってのは面白いですねぇ。まずは事例集めから、というところでしょうか。ああ、「悪代官に学ぶ」ってのもいいかも。また相談させてくださいな。

それから、TSUTSUIさん、あらためてこんにちは。
ぜひ、高知でもやらせてください!ホントにもう、どこにでも行きますよ。^_^
木村さんと TSUTSUI さんとのコラボってのも、なんだかとっても面白そうです。

コメントを投稿する